「うまくはやく書ける文章術(山口拓朗)」の名言まとめました

「うまくはやく書ける文章術(山口拓朗)」の名言をまとめていきます。

うまくはやく書ける文章術

第1章

「うまい文章」と、「うまい書き方」とは違います。
本書では、「うまい文章」とは、「目的を達成できる文章」だと定義します。

 

読む人に貢献すること。
文章作成は、「サービス業」なのです。

 

能動的に張るアンテナは、気づきをもたらす「問い」ともいえます。「問い」をもつことで、人の情報収集感度は高まるのです。

 

頭で考えたことは「もや」にすぎない。
アンテナを張るときは、ノートに「問い」を書き出すなどして、頭の「もや」を視覚化する必要があります。

 

書き手は、読む人の代わりに疑問をもち、なおかつ、その答えを見つけていく。

 

情報とは「ある」ものではなく「生み出す」ものです。

 

視覚化した複数のメモ(情報)を見比べることで、大小さまざまなアイデアが生まれやすくなります。

第2章

どんな二次情報も、書き手が「現場」で拾ったフレッシュな一次情報にはかないません。

 

興味をもって話を聞く。これ以上のコミュニケーションスキルはありません。

 

「攻めの質問」で求められるのも「仮説」です。

 

情報というのは、それ単体ではなく、大小さまざまな「その他の情報」とつながることで価値が変化する。

 

第3章

事実を書くだけでは共感されにくい。

 

読む人の気持ちを引くためには、書き手自身の”ココロのうち”を赤裸々に語ることが重要なのです。

 

自分に向けて「問い」を立てなければ、永遠にその答えを得ることはできません。

 

第4章

文章を書くときには、「この文章の読者は誰か?」ということを、必ず考えなければいけません。

 

文章を読む人の反応を具体的に決めることで、目的の達成率が飛躍的に高まります。

 

メッセージはひとつにしぼることが大切です。

 

第5章

型を使って文章を書けるようになると、「どういう流れで書こうかな?」とムダに頭を悩ます必要がなくなります。

 

SNS上では「売り込みたい」「説明をしたい」という色気が出たときこそ、その気持ちをグッと抑えて体験談を書きましょう。説明調の紹介文や宣伝文は、SNSにはなじみません。

 

第6章

数ある貢献のなかでも、強く意識しておきたいのが「知的好奇心を満たす」です。読む人が「知らない情報」を盛り込むのです。

 

世の中には「借り物の言葉」が氾濫しています。
一方で、私たちの心が動くのは、書き手自身のなかから湧き上がってきた「自分の言葉」で書かれた文章に出逢ったときです。

 

書き手自身の体験を絡めることによって、おのずと「自分の言葉」は作られていくのです。

 

読む人に貢献する文章とは、「一般論や大衆に迎合すること」ではありません。

 

全員に好かれようとしない。
全員に好かれようと思ったら、「当り障りのない文章」を書くよりほかなくなります。

 

断言した言葉には、読者の心を揺さぶる強さと鋭さがあるのです。

 

第7章

書くときは情熱的に一気に書き上げて、書き上げたあとで冷静になって読み返す。

 

手当たり次第に接続詞を使うと、ゴツゴツした堅苦しい文章になりがち。なくても意味が通じる場合や、なくすことでリズムが滑らかになる場合は、思い切って削りましょう。

 

文章のダイエット時の「もったいないから残す」はタブーと心得ておきましょう。

 

同じ語尾が続くと、文章が一本調子になりがちです。
語尾の連続は2回までに押さえたほうが賢明です。

 

「黒っぽい文章」は嫌われる。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
「うまく」「はやく」書ける文章術

 

→メモの魔力(前田裕二)
→2020年6月30日にまたここで(瀧本哲史)
→アウトプット大全(樺沢紫苑)
→仕事が速いのにミスしない人(飯野謙次)
→転職の思考法(北野唯我)
→エッセンシャル思考(マキューン)
→ゼロ秒思考(赤羽雄二)
→金持ち習慣 貧乏習慣(ayaka)
→1分で話せ(伊藤羊一)
→3分間コーチ(伊藤守)
→すごい効率化(金川顕教)
→ずるい考え方(木村尚義)
→広告コピーの本当の話をします(小霜和也)
→伝え方が9割(佐々木圭一)
→いい質問が人を動かす(谷原誠)
→なぜあなたの仕事は終わらない(中島聡)
→超一流の雑談力(安田正)
→ブログの成功技術(與五澤憲一)
→7つの習慣(コヴィー)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました