「1分で話せ(伊藤羊一)」の名言まとめました

「1分で話せ(伊藤羊一)」の名言をまとめていきます。

1分で話せ

序章

人は、相手の話の80%は聞いていない。

 

自分の話を聞いてほしいなら、まず「みんな人の話をきいていない」ということからスタートしてほしいのです。

 

1分でまとまらない話は、結局何時間かけて話しても伝わらない。

 

第1章

聞き手のイメージができれば、その人たちの反応を想像しながら準備することができます。

 

すべてのプレゼンは、ゴールを達成するためにあります。

 

そもそも、「理解してもらう」というゴールがおかしいのです。

第2章

この場で、あなたが伝えたい結論は何か。これをはっきりさせましょう。それが「考える」ということです。

 

プレゼンは相手に「動いてもらう」ために行なうもの。だから、どちらに向かうのか、動いてもらう「方向」を出すのが結論です。

 

プレゼンというのは、自分が伝えたいことを「伝えていく」行為ではなく、「相手の頭の中に、自分が伝えたいことの骨組みや中身を移植していく作業」なのです。

 

意味が通じるかどうかは、聞き手が決めることです。話すあなただけが理解できるのではダメで、聞き手がそう判断できるかどうかが大事です。

 

聞き手は、必要最低限の情報しか、ほしくないのです。

 

プレゼンの場では、笑いはいりません。ビジネスで「おもしろい」のは、ロジックです。相手は、あなたのロジックを聞きにきているのです。

 

第3章

中学生が理解できるレベルの言葉しか使わない。

 

第4章

ロジカルに考えられた正しいことを聞いて理解するだけでは、人は動きません。

 

第5章

自分の伝えたいことを、一言のキーワードで表す。

 

事前に「今度の会議で、私はこんな話をしようと考えています」と伝えて、あらかじめ相手の理解を進めておくメリットは計り知れません。

 

第6章

「伝えたい言葉」が、あなたにはありますか。

 

相手が動くためにできることは、すべてやりきりましょう、そしてそのために時間を惜しんではいけません。

 

第7章

ポジションをとり、結論を出し、その結論をサポートする根拠も見せることで、聞き手と「議論する」ことが可能になる。これが大事なのです。

議論してやっぱり違うなと思ったら、訂正すればいいのです。

 

配慮はしても、遠慮はするな。

 

練習することによってでしか、伝える力は上達しません。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Audible」対象作品。

アマゾンリンク
1分で話せ

 

→メモの魔力(前田裕二)
→2020年6月30日にまたここで(瀧本哲史)
→アウトプット大全(樺沢紫苑)
→仕事が速いのにミスしない人(飯野謙次)
→転職の思考法(北野唯我)
→エッセンシャル思考(マキューン)
→ゼロ秒思考(赤羽雄二)
→金持ち習慣 貧乏習慣(ayaka)
→3分間コーチ(伊藤守)
→すごい効率化(金川顕教)
→ずるい考え方(木村尚義)
→広告コピーの本当の話をします(小霜和也)
→伝え方が9割(佐々木圭一)
→いい質問が人を動かす(谷原誠)
→なぜあなたの仕事は終わらない(中島聡)
→超一流の雑談力(安田正)
→うまくはやく書ける文章術(山口拓朗)
→ブログの成功技術(與五澤憲一)
→7つの習慣(コヴィー)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました