「銀河英雄伝説(田中芳樹)」の名言まとめました

7巻 怒濤篇

未来

去年のワインのまずさをなげくより、今年植える葡萄の種について研究しよう。
そのほうが効率的だ。

事件の対応方法に対して、ラインハルトが語ったこと。
処罰より、今後の対応を重視する意向の表明になる。
重罰にしても、未来が悪くなるなら判断は難しい。

進言

陛下がこれまで常勝を誇られたゆえんは、歴史を動かしていらしたことにあります。
今回にかぎり、御手をつかねて歴史に動かされるのをお待ちになるのですか。

今後の方針に悩んでいるラインハルトに対して、ビッテンフェルトが語ったこと。
待つことも大切だが、それは判断できないだけの優柔不断なこともある。
動けば良いわけではないが、待てば良いだけとは限らない。

居城

予に居城など必要ない。予のあるところがすなわち銀河帝国の王城だ。
当分は戦艦ブリュンヒルトが玉座の置きどころとなろう。

新しく遷都したフェザーンでは、現在居城を建設している。
その状況に対してラインハルトが語ったこと。
やはり人あっての物であり、物あっての人ではない典型となる。

最高指導者

最高指導者は文民でなくてはならない。軍人が支配する民主共和制など存在しない。
私が指導者なんかになってはいけないのだ。

最高指導者を請われた時、ヤンが語ったこと。
言葉としては全く正しい。
物理的な力を持つものが、政治的なトップに立つのは好ましくない。
しかしヤンの場合は、めんどくさいから理屈を付けている気が。

贈物

さあてね、両手に贈物をかかえたところにナイフを突き出されたら、よけようがないからね。

同盟政府より地位の保証に伴う帰還を促されたと仮定した時、ヤンが話したこと。
ナイフ自体は別として、帰ってきた途端に捕まえて相手に引き渡す可能性はある。
特に今までが今までのため、むしろその方が普通な感じでもある。
人というのは追い詰められると、何をするか分からない。

スポンサーリンク

心情

私が問題にしているのは兵士たちの心情です。あなたの見解ではありません。

同盟政府がヤンとの戦いを決意した時、兵士がどのように考えるかになる。
戦えと言うのは簡単である。戦いに向かうことも簡単である。
しかし実際に戦うことは決して簡単ではない。
まして明らかに強い方に挑むのは、さらに簡単ではない。
悩みを持っている兵士は弱い者に過ぎない。

理想

ヤンが敗北するとしたら、それはラインハルト・フォン・ローエングラムの偉大な天才によってではない。
それはヤン自身の、理想へのこだわりによってだろう。

ヤン対して考える、同盟軍長官のビュコック提督の言葉になる。
理想は大切である。それが無くなれば、何でもありになってしまう。
しかし理想にこだわることは、自分の手足を縛ることに似ている。
「これをすれば勝てる」と分かっても卑怯と考えたり、未来に対して問題があると考えと出来なくなる。
そのどちらが正解かは、結果でしか分からない。

投資

ひとたび投資すれば、それをむだにしないためにも、つづけて投資せざるをえない。

投資させる側の考え方になる。
すこし悪どい考え方だが、悪意がなければただの現実になる。
見方を変えれば、だから投資は慎重にならないといけない。

未来

いずれ必ず枯れるからといって、種をまかずにいれば草もはえようがない。
どうせ空腹になるからといって、食事をしないわけにもいかない。

現在の状況に対して、ヤンが語ったこと。
無駄の可能性を考えて努力をしなければ、何も変わらない。
言い訳ばかりをしていても、勝手に状況が変わることはない。
未来が見えない時は、とりあえず出来ることをすることが大切になる。

返答

わしはあなたの才能と器量を高く評価しているつもりだ。
孫を持つなら、あなたのような人物を持ちたいものだ。
だが、あなたの臣下にはなれん。

帝国軍からの降伏勧告に対して、ビュコック提督が語ったこと。
人には立場がある。もちろん考え方もある。
認めていても、好んでいても、まして望んでいても、上下になるのは別問題。
これは喜劇なのだろうか、それとも悲劇なのだろうか?

忠誠心

不満か。卿の忠誠心は貴重だが、度をすぎればそれが予をルドルフにするぞ。

臣下の過剰な忠誠心に対して、ラインハルトが語ったこと。
忠誠心を持つことは悪いことではない。
しかし特定の人に対して過剰な忠誠心を持ってしまうと、それ以外の人への悪意が生まれることが多い。
また受け取りて側も、自分を特別なものと勘違いしがちになる。
なんでも過剰なことは、問題を生んでしまう。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク