「銀河英雄伝説10巻(田中芳樹)」(2/4)の名言・台詞まとめました

「銀河英雄伝説10巻(田中芳樹)」(2/4)の名言・台詞をまとめていきます。

10巻 落日篇

→銀河英雄伝説10巻(1/4)はこちらより

第四章 平和へ、流血経由

「予は誤ったようだ。オーベルシュタインは、いついかなる状況においても、公人としての責務を優先させる。そのあらわれかたこそが、他者に憎悪されるものであったのにな」(ラインハルト・フォン・ローエングラム)

 

「皇紀、予はオーベルシュタインを好いたことは、一度もないのだ。それなのに、顧みると、もっとも多く、おの男の進言にしたがってきたような気がする」

「あの男は、いつも反論の余地を与えぬほど、正論を主張するからだ」(ラインハルト)

 

「彼女たち(宮廷の美女)は、皮膚はまことに美しいが、頭蓋骨のなかみはクリームバターでできている。おれはケーキを相手に恋愛するつもりはない」(ラインハルト)

 

「ビッテンフェルトには、すぎた部下たちだな。上官が無謀でも、よい部下は育つと見える」(アウグスト・ザムエル・ワーレン)

 

「毒なんぞ、とうに免疫になっておるさ。おれはオーベルシュタインの奴と何年もつきあってきたからな」(フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト)

 

「オーベルシュタインに私心がないことは認める。認めてやってもいい。だが、奴は自分に私心がないことを知って、それを最大の武器にしていやがる」
「おれが気にくわんのは、その点だ」(ビッテンフェルト)

 

「おれはべつにイゼルローンの奴らを気にかけているわけではない。オーベルシュタインの毒蛇めに、わが世の春を謳歌させたくないだけだ」

「第一、イゼルローンは、おれ自身の手で粉砕してやらねば、気がすまぬ」(ビッテンフェルト)

 

「要するに、皇帝の影に頭をさげると思えば腹もたたん。オーベルシュタインを人間と思うから腹がたつのだ」(ビッテンフェルト)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

第五章 昏迷の惑星

「昂揚感をともなった緊張に、ときとして恐怖や楽観の微成分が混入する。吾々の精神状態は、初演をひかえた舞台俳優たちのそれに似ていたかもしれない」

「苛酷な舞台であることは承知している。ひとたび退場すれば、復活はありえないし、脚本家や演出家は姿を隠して、俳優の疑問に応えようとしない」

「それでも、救いがたい精神状態が、吾々を舞台へと誘ってやまなかったのだ」(ダスティ・アッテンボロー)

 

「ご好意はありがたいのですけど、女性だからという理由で免責されるのは、わたしは不本意です」

「わたしはイゼルローン共和政府の主席ということにしていただいてますし、わたしがハイネセンに赴かなければ、軍務尚書は納得しないでしょう」(フレデリカ・グリーンヒル)

 

「独身者だけの楽しいパーティーに、妻帯者をまぜるわけにはいかんからね」(ワルター・フォン・シェーンコップ)

 

「危険から逃げた、見さかいもなく不美人に手を出した、と言われたのでは、オリビエ・ポプラン一生の名おれだ。おれはついていくからな」(オリビエ・ポプラン)

 

「おめでたいですかね。ヤン先輩が大佐、おれが少佐、これじゃ将来の同盟軍は、天国じゃなく地獄の方角へ、一輪車で全力疾走ってことになりそうですが」(アッテンボロー)

 

「ジグソー・パズルを完成させるにしても、片がもともと不足しているのさ」(ポプラン)

 

「彼らが信じたくないなら、信じる必要はないのです。吾々は、ただ事実を話すだけで、解釈の自由は先方にあります」(ユリアン・ミンツ)

 

「……皇帝の衰弱が目に見えるものであったら、私たちはむろんそれに気づいたであろう。だが、皇帝の美と精彩は、すくなくとも表面上は、いささかの衰えも見せていなかった」

「私たちも、皇帝の病臥にいつのまにか慣らされていたようであった」(エルネスト・メックリンガー)

 

「ビッテンフェルトが怒ることはない。予自身も、ヤン・ウェンリーに対して戦術上の勝利をおさめることが、ついに叶わなかったのだからな」

「予はそれを残念には思うが、恥じてはおらぬ。ビッテンフェルトは恥じているのか?」(ラインハルト)

 

「(拒絶したら)いかがする? そのときは奴らこそが、流血と混乱に対する責任を負うことになろうよ」(ラインハルト)

 

「おれが思うにだ、季節の変わり目には、かならず嵐があるものだ。それも、変わったと思いこんだ後に、大きな奴がな」(ビッテンフェルト)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→アニメとマンガの名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

第六章 柊館炎上

「……ラインハルト・フォン・ローエングラムは、深刻な意味で、民主共和主義にとっての敵対者である」
「これは、彼が残忍で愚劣な支配者であるからではなく、まさにその反対の存在だからである」(ユリアン)

 

「それらが非民主的な手段によるものであったことは、この際、問題にならない。帝国の民衆は、民主的な手つづきなど欲していなかったからである」(ユリアン)

 

「これから家を改造しようなどと言ったら、ラインハルトは、よけいなことをしなくてもいい、と答えるでしょう。改造してからそのことを告げたら、そうか、の一言ですみますよ」

「ラインハルトは、光年以下の単位のできごとには興味がないですから」(アンネローゼ・フォン・グリューネワルト)

 

「おさがりなさい、この方は銀河帝国の皇紀陛下でいらっしゃいますよ」(アンネローゼ)

 

「悪魔が妖怪につかまったら、人間としては共倒れを望むだけだ。ルビンスキーも存外だらしない」(ビッテンフェルト)

 

「卿ら、どうやら休息の時間は終わったらしいぞ。いまの報告によると、イゼルローン軍のほぼ全部隊が回廊を出て、ハイネセン方面へ向かいつつあると」(ウォルフガング・ミッターマイヤー)

 

「王手詰み(チェックメイト)」(エルンスト・フォン・アイゼナッハ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→銀河英雄伝説1巻
→銀河英雄伝説2巻
→銀河英雄伝説3巻
→銀河英雄伝説4巻
→銀河英雄伝説5巻
→銀河英雄伝説6巻
→銀河英雄伝説7巻
→銀河英雄伝説8巻
→銀河英雄伝説9巻
→銀河英雄伝説10巻(1/4)
→銀河英雄伝説10巻(3/4)
→銀河英雄伝説10巻(4/4)
→銀河英雄伝説 外伝
→銀河英雄伝説(ヤン)
→銀河英雄伝説(ラインハルト)
→銀河英雄伝説(キルヒアイス)
→銀河英雄伝説(オーベルシュタイン)
→銀河英雄伝説(ミッターマイヤー)
→銀河英雄伝説(ロイエンタール)
→銀河英雄伝説(ビッテンフェルト)
→銀河英雄伝説(ミュラー)
→銀河英雄伝説(メックリンガー)
→銀河英雄伝説(ケンプ)
→銀河英雄伝説(ルッツ)
→銀河英雄伝説(ファーレンハイト)
→銀河英雄伝説(ワーレン&ケスラー)
→銀河英雄伝説(シュトライト&フェルナー)
→銀河英雄伝説(マリーンドルフ伯)
→銀河英雄伝説(ヒルダ)
→銀河英雄伝説(アンネローゼ)
→銀河英雄伝説(メルカッツ)
→銀河英雄伝説(シュナイダー)
→銀河英雄伝説(シェーンコップ)
→銀河英雄伝説(ポプラン)
→銀河英雄伝説(イワン・コーネフ)
→銀河英雄伝説(アッテンボロー)
→銀河英雄伝説(ユリアン)
→銀河英雄伝説(フレデリカ)
→銀河英雄伝説(ムライ)
→銀河英雄伝説(パトリチェフ&フィッシャー)
→銀河英雄伝説(キャゼルヌ)
→銀河英雄伝説(オルタンス)
→銀河英雄伝説(カリン)
→銀河英雄伝説(シトレ)
→銀河英雄伝説(ビュコック)
→銀河英雄伝説(チュン・ウー・チェン)
→銀河英雄伝説(ホワン・ルイ)
→銀河英雄伝説(ルビンスキー)

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_ライトノベル
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました