「銀河英雄伝説9巻(田中芳樹)」(2/5)の名言・台詞まとめました

「銀河英雄伝説9巻(田中芳樹)」(2/5)の名言・台詞をまとめていきます。

9巻 回天篇

→銀河英雄伝説9巻(1/5)はこちらより

第三章 鳴動

熱狂する群衆のなかで理性を堅持しえる者は、絶対的少数派である。

 

「おれはいい部下を持ったものだ。武器を持たぬ民衆に発砲するなど、勇気と義侠心のない人間には、とうてできぬことだからな」(オスカー・フォン・ロイエンタール)

 

「侵略者の善政など、しょせん偽善にすぎぬ、か。そのとおりだな。それにしても、どう事態をおさめるか……」(ロイエンタール)

 

「私は単なる(集会の)一参加者にすぎない。だが、参加したこと自体が罪と言われれば、甘んじて受けよう」(シドニー・シトレ)

 

「(責任者は)知らない。知っていても、申しあげるわけにはいかない」(シトレ)

 

「釈放されれば、私は今度こそ自分の主導によって、あなたがたの不法な支配に対する抗議の運動をおこすことになるだろう。唯一、私の後悔は、自分が大勢に流されてしまったことだ」(シトレ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「そうなさるべきですな。それが、あなたにとっての正義であり道徳であるのだから。あなた個人には何ら怨恨は感じない」(シトレ)

 

「偉大な敵将と戦うのは武人の栄誉だが、民衆を弾圧するのは犬の仕事にすぎぬ」(ロイエンタール)

 

「ヤン・ウェンリー元帥、卿は中道に倒れて、あるいは幸福だったのではないか」
「平和な世の武人など、鎖につながれた番犬にすぎぬ。怠惰と無為のなかで、ゆっくりと腐敗していくだけではないか」(ロイエンタール)

 

「平和の無為に耐えうる者だけが、最終的な勝者たりうる」(ヤン・ウェンリー)

 

「ロイエンタール元帥は猛禽だ。籠のなかに安住して平和の歌をさえずりつつ一生をすごせる男ではない」(パウル・フォン・オーベルシュタイン)

 

「陰気で消極的なビッテンフェルト、女気なしのロイエンタール、饒舌なアイゼナッハ、浮気者のミッターマイヤー、無教養で粗野なメックリンガー、いたけだかなミュラー、皆、彼ららしくない」

「人それぞれ個性というものがある。ロイエンタールが法を犯したとか、相手をだましたとかいうならともかく、色恋ざたで一方だけを被告席に着かせるわけにもいくまい」(ラインハルト・フォン・ローエングラム)

 

「キルヒアイスがいなくなったとき、もうこれで失うものは何もないと思ったのに……」(ラインハルト)

 

「智と勇との均衡がとれているという一点において評するなら、あの当時、オスカー・フォン・ロイエンタールが、敵と味方をあわせても随一の存在であったと思われる」(エルネスト・メックリンガー)

 

「100の興味が集まれば、事実のひとつぐらいにはなるだろうな。とくに、力のある者がそれを望めば、証拠など必要ない。卿らの憎む、いや、憎んだ専制政治では、とくにな」(ロイエンタール)

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

 

「ことばで伝わらないものが、たしかにある。だけど、それはことばを使いつくした人だけが言えることだ」(ヤン)

 

「正しい判断は、正しい情報と正しい分析の上に、はじめて成立する」(ヤン)

 

「何かを憎悪することのできない人間に、何かを愛することができるはずがない」(ヤン)

 

「生き残っていただかないと、こまるところでした。(スール)少佐が健在でいらっしゃるから、ぼくたちは、どうにか自分たちをなぐさめることができるんです」(ユリアン・ミンツ)

 

「どうせトリューニヒトの野郎、よからぬことをたくらんでいるに決まってるんだ。おれとしては、もう、せめて皇帝にだけは、小物に害されたりしてほしくないんだよ」

「もっとも、おれたちだって小物だがな。まあトリューニヒトの狐野郎が何をしかけても、噂に聞くオーベルシュタイン元帥の相手は荷が重いだろうて」(ダスティ・アッテンボロー)

 

「クロイツェル伍長がおれのことをどう思うか、それは彼女の問題であって、おれの問題ではないね。おれが彼女をどう思っているか、ということなら、それこそおれの問題だがね」(ワルター・フォン・シェーンコップ)

 

「美人をきらったことは、おれは一度もないよ。まして、生気のいい美人をね」(シェーンコップ)

 

「いまにして思うのだけど、ジェシカ・エドワーズ女史が生きてらしたら、いいお友だちになれたかもしれないわね」(フレデリカ・グリーンヒル)

 

「シェーンコップ中将は、卑怯の二文字とは縁がない人よ、と、そう言っただけよ。事実ですものね」(フレデリカ)

 

「父親には父親の夜の生活があるものよ。第一、家庭団欒の似あう人じゃないわね」(オルタンス・キャゼルヌ)

 

「(彼女たちは)よくもまあ、あんなしょうもないゲームに熱中できるもんだ」
「……しかし、まあ、笑声のほうが、泣声よりずっとましではあるがね」(アレックス・キャゼルヌ)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→アニメとマンガの名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

第四章 発芽

「……皇帝が美貌であったがゆえに、多情であったにちがいない、多情であるべきだ、と決めつける者は、好色な醜男の存在を、どう説明するのであろうか」(メックリンガー)

 

「そもそも皇帝はご自身が卓れた芸術品でいらっしゃるのだから、わざとらしい芸術に興味をいだかれる必要はないのだ」

「統治者は芸術に対しては金銭だけ出していればよい。目も口も出す必要はない。統治者の好みに媚びることで大家面する、えせ芸術家どもを生みだすだけではないか」(ウォルフガング・ミッターマイヤー)

 

「今夜、私は、聴いてもわかるはずのない前衛音楽とやらを、皇帝のおともで拝聴せねばならないのですよ。いっそ戦争なり内乱のほうが、はるかにましです」(ナイトハルト・ミュラー)

 

「ロイエンタールが予を暗殺などするはずがない。予も彼を疑ったりせぬ。恐れもせぬ。卿らはくだらぬ世迷言にたぶらかされて、予と重臣との間を裂くつもりか」(ラインハルト)

 

「ロイエンタール元帥と取っくみあいになる、とでもいうのなら、陛下は卿をおつれになるだろうよ。だが、今回は平和な旅でなければ困るからな」(コルネリアス・ルッツ)

 

「ラングごとき小人の佞言にたぶらかされるような陛下ではない。現に、この春にも、奴はおれを貧弱な罠におとしこもうとして、みじめに失敗したではないか」(ロイエンタール)

 

「わが皇帝がオーベルシュタインやラングごときの木偶になりさがるとすれば、興ざめもいいところだな」(ロイエンタール)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→銀河英雄伝説1巻
→銀河英雄伝説2巻
→銀河英雄伝説3巻
→銀河英雄伝説4巻
→銀河英雄伝説5巻
→銀河英雄伝説6巻
→銀河英雄伝説7巻
→銀河英雄伝説8巻
→銀河英雄伝説9巻(1/5)
→銀河英雄伝説9巻(3/5)
→銀河英雄伝説9巻(4/5)
→銀河英雄伝説9巻(5/5)
→銀河英雄伝説10巻
→銀河英雄伝説 外伝
→銀河英雄伝説(ヤン)
→銀河英雄伝説(ラインハルト)
→銀河英雄伝説(キルヒアイス)
→銀河英雄伝説(オーベルシュタイン)
→銀河英雄伝説(ミッターマイヤー)
→銀河英雄伝説(ロイエンタール)
→銀河英雄伝説(ビッテンフェルト)
→銀河英雄伝説(ミュラー)
→銀河英雄伝説(メックリンガー)
→銀河英雄伝説(ケンプ)
→銀河英雄伝説(ルッツ)
→銀河英雄伝説(ファーレンハイト)
→銀河英雄伝説(ワーレン&ケスラー)
→銀河英雄伝説(シュトライト&フェルナー)
→銀河英雄伝説(マリーンドルフ伯)
→銀河英雄伝説(ヒルダ)
→銀河英雄伝説(アンネローゼ)
→銀河英雄伝説(メルカッツ)
→銀河英雄伝説(シュナイダー)
→銀河英雄伝説(シェーンコップ)
→銀河英雄伝説(ポプラン)
→銀河英雄伝説(イワン・コーネフ)
→銀河英雄伝説(アッテンボロー)
→銀河英雄伝説(ユリアン)
→銀河英雄伝説(フレデリカ)
→銀河英雄伝説(ムライ)
→銀河英雄伝説(パトリチェフ&フィッシャー)
→銀河英雄伝説(キャゼルヌ)
→銀河英雄伝説(オルタンス)
→銀河英雄伝説(カリン)
→銀河英雄伝説(シトレ)
→銀河英雄伝説(ビュコック)
→銀河英雄伝説(チュン・ウー・チェン)
→銀河英雄伝説(ホワン・ルイ)
→銀河英雄伝説(ルビンスキー)

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_ライトノベル
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました