「銀河英雄伝説6巻(田中芳樹)」(4/4)の名言・台詞まとめました

「銀河英雄伝説6巻(田中芳樹)」(4/4)の名言・台詞をまとめていきます。

6巻 飛翔篇

→銀河英雄伝説6巻(1/4)はこちらより

第八章 休暇は終りぬ

「人徳? ふん、奴はまだ修行中さ」
「恋愛の10や20やらなくて、一人前といえるものか」(オリビエ・ポプラン)

 

「謀略によって国が立つか!」
「信義によってこそ国が立つ。すくなくとも、そう志向するのでなければ、何をもって兵士や民衆に新王朝の存立する意義を説くのか」

「敵ながらヤン・ウェンリーは名将と呼ぶに値する。それを礼節をもって遇せず、密告と謀略によって除くなど、後世にどう弁解するつもりだ」(ウォルフガング・ミッターマイヤー)

 

「リヒテンラーデ公の粛清は互角の闘争だった。一歩遅れていれば、処刑場の羊となっていたのは吾々のほうだ。先手を打っただけのこと、恥じる必要はない」

「だが今度の件はどうか。退役して平凡な市民生活を送っている一軍人を、無実の罪によっておとしいれようとしているではないか」

「保身をはかる同盟の恥知らずどもの犯罪に、なぜ吾々が与せねばならぬ? 軍務尚書はいかなる哲学のもとに、かかる醜行を肯定なさるのか」(オスカー・フォン・ロイエンタール)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「ヤン・ウェンリーと同盟政府との仲が修復しがたいとすれば、かえって彼と吾々帝国軍との間に、よしみが結ばれるかもしれぬ」

「彼に、いたずらな軍事行動に出ぬよう呼びかけておいて、早急に、調査官を派遣し、解明にあたるべきだろう」(エルネスト・メックリンガー)

 

「この事実を犯罪と言わず、罰せずして、帝国と陛下の威信がたもたれようか」(パウル・フォン・オーベルシュタイン)

 

「だまれ! 下種!」

「きさまは司令長官の正論を封じるに、自らの見識ではなく、皇帝陛下の御名をもってしようというのか。虎の威を借るやせ狐めが!」

「そもそもきさはま内務省の一局長にすぎぬ身でありながら、何のゆえをもって、上級大将以上の者しか出席を許されぬこの会議にでかい面をならべているのだ」

「あまつさえ、元帥どうしの討論に割りこむとは、増長もきわまる。いますぐ出て行け! それとも自分の足で出ていくのはいやか」(ロイエンタール)

 

「嫌われるのはかまわぬが、足を引っぱられてはこまる」(オーベルシュタイン)

 

「ロイエンタールは建国の功臣、皇帝陛下の信頼も、レンネンカンプとは比較にならぬ」
「証拠なしに他者をおとしめるの愚は、レンネンカンプという反面教師によって卿も学んだであろう」(オーベルシュタイン)

 

「レンネンカンプを登用したのは予の誤りであった。わずか100日も地位をまっとうすることがかなわぬとはな。予が鎖を持ち、それにつながれていてこそ能力を発揮しうる者もいるということか……」(ラインハルト・フォン・ローエングラム)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→アニメとマンガの名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

 

「それとも、おれは内心で期待していたのだろうか。レンネンカンプが失敗することを……」(ラインハルト)

 

「この方はあまりに早く頂点をきわめられたかもしれない」
「いや、それとも、五世紀昔に生まれて、ルドルフ大帝のように巨大で全否定の対象となりうるような敵手と出会えばよかったのかもしれない……」(ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ、通称:ヒルダ)

 

「それにしても、陛下の誤りは、レンネンカンプではなくオーベルシュタインを用いたことだ」

「奴め、自分では忠臣のつもりかもしれんが、このままだと、奴と波長のあわぬ人材をつぎつぎと排除して、ついには王朝の土台にひびを入れるぞ」(ミッターマイヤー)

「そうだな、おれもそう思う。ことに気になるのは、皇帝陛下とオーベルシュタインの間に、このごろ亀裂が見られることだ。もし奴と波長が合わなくなっったときどうなるか……」(ロイエンタール)

 

「おれがいなくて、ヤンの奴がやっていけるはずがないだろう」(アレックス・キャゼルヌ)

 

「彼の言うとおりだ。私には民主共和政の旗手たる資格などありはせん。なにしろ私はつい二、三年前まで専制国家の軍人として、共和国の軍隊と戦っていたのだからな」

「これがいまにして民主共和政を自らの旗幟にしては、後世から言われるだろう、何と節操のない男か、と」(ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ)

 

「後世の評価はおくとしても、実際、ヤン提督でなくては民主共和派の将兵を糾合できぬ。それゆえ同盟政府も味方ながら彼を恐れるのだろうな……」(メルカッツ)

 

「ヤン・ウェンリーという名優には、自己の限界をきわめてもらいたい。どうも本人に名優の自覚がなさそうで、舞台に追いあげるほうがひと苦労だがな」(ワルター・フォン・シェーンコップ)

 

「おれは30にもならぬ青二才で閣下などと呼ばれるようになったのです。ヤン提督の麾下にいたおかげ、あるいはそのせいです。責任はとっていただかないとね」(ダスティ・アッテンボロー)

 

「反乱部隊などとごたいそうに呼ばれているが、おれの見るところ、家出息子の集団にすぎんね」(キャゼルヌ)

 

「二ヶ月、たった二ヶ月! 予定どおりならあと五年は働かないで生活できるはずだったのになあ……」(ヤン・ウェンリー)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→銀河英雄伝説1巻
→銀河英雄伝説2巻
→銀河英雄伝説3巻
→銀河英雄伝説4巻
→銀河英雄伝説5巻
→銀河英雄伝説6巻(1/4)
→銀河英雄伝説6巻(2/4)
→銀河英雄伝説6巻(3/4)
→銀河英雄伝説7巻
→銀河英雄伝説8巻
→銀河英雄伝説9巻
→銀河英雄伝説10巻
→銀河英雄伝説 外伝
→銀河英雄伝説(ヤン)
→銀河英雄伝説(ラインハルト)
→銀河英雄伝説(キルヒアイス)
→銀河英雄伝説(オーベルシュタイン)
→銀河英雄伝説(ミッターマイヤー)
→銀河英雄伝説(ロイエンタール)
→銀河英雄伝説(ビッテンフェルト)
→銀河英雄伝説(ミュラー)
→銀河英雄伝説(メックリンガー)
→銀河英雄伝説(ケンプ)
→銀河英雄伝説(ルッツ)
→銀河英雄伝説(ファーレンハイト)
→銀河英雄伝説(ワーレン&ケスラー)
→銀河英雄伝説(シュトライト&フェルナー)
→銀河英雄伝説(マリーンドルフ伯)
→銀河英雄伝説(ヒルダ)
→銀河英雄伝説(アンネローゼ)
→銀河英雄伝説(メルカッツ)
→銀河英雄伝説(シュナイダー)
→銀河英雄伝説(シェーンコップ)
→銀河英雄伝説(ポプラン)
→銀河英雄伝説(イワン・コーネフ)
→銀河英雄伝説(アッテンボロー)
→銀河英雄伝説(ユリアン)
→銀河英雄伝説(フレデリカ)
→銀河英雄伝説(ムライ)
→銀河英雄伝説(パトリチェフ&フィッシャー)
→銀河英雄伝説(キャゼルヌ)
→銀河英雄伝説(オルタンス)
→銀河英雄伝説(カリン)
→銀河英雄伝説(シトレ)
→銀河英雄伝説(ビュコック)
→銀河英雄伝説(チュン・ウー・チェン)
→銀河英雄伝説(ホワン・ルイ)
→銀河英雄伝説(ルビンスキー)

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_ライトノベル
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました