「銀河英雄伝説6巻(田中芳樹)」(2/4)の名言・台詞まとめました

「銀河英雄伝説6巻(田中芳樹)」(2/4)の名言・台詞をまとめていきます。

6巻 飛翔篇

→銀河英雄伝説6巻(1/4)はこちらより

第四章 過去、現在、未来

「迂遠なことを言うな。地球教とやらの逆意はすでに明らかであるのに、いまさら何を調査し内偵する必要があるか」

「奴らの信仰する神以外には何の権威も認めぬし、それどころか奴らにとっての権威を、暴力をもって他者に押しつけることをためらわぬ、という結論になる」

「あらたな秩序と共存することもかなわぬというのであれば、奴らの信仰に殉じさせてやるのが、最大の慈悲というものだろう」(ラインハルト・フォン・ローエングラム)

 

「陛下のお言葉どおり、地球教徒との共存は望めません。この際、叛徒には相応の報いをくれて、新王朝の威光と意思を内外にしめすべきでありましょう」

「どうかその任は臣におまかせいただきたく存じます」(フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト)

「辺境の一惑星を威圧するのに、黒色槍騎兵を動かしたとあっては、帝国軍が鼎の軽重をとわれそうだな。今回はひかえよ、ビッテンフェルト」(ラインハルト)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「オーベルシュタイン家が断絶したところで、世人は嘆きますまい。ですが、ローエングラム王家はさにあらず」

「王朝が公正と安定をもたらすかぎりにおいては、人民はその存続する保障を血統に求め、陛下のご成婚と皇嗣のご誕生を祝福いたしましょう」(パウル・フォン・オーベルシュタイン)

 

「だが結婚すれば子が生まれる。皇太子とは忌むべきナンバー2とは言えないかな」(ラインハルト)
「それはよろしいのです。王朝の存続を制度的にも保障するものですから」(オーベルシュタイン)

 

「烏合の衆は、結束のために英雄を必要とする。同盟の過激派、原理派がヤン・ウェンリーを偶像視するのは無理からぬことだ」(オーベルシュタイン)

 

「ヨブ・トリューニヒトという男は、稀代の商人として名を残すだろうよ」(オスカー・フォン・ロイエンタール)

「そうだな、売る点にかけては奴は優秀な商人だ。だが買うほうはだめだな。奴が買うのは軽蔑と警戒心だ。誰が奴を尊敬する? 奴は自分自身の人格を切り売りしているだけだ」(ウォルフガング・ミッターマイヤー)

 

「奴は生きるに際して他人の尊敬や愛情など必要とせぬよ。そして、そういう輩ほど、根の張りようは深く、茎は太い。寄生木とはそういうものだろう」(ロイエンタール)

 

「昔は知らなかった。いまは知っている」
「そうだ。おれが教えた」(ロイエンタール)

 

「無益なこととわかるまでは、おれも正常だ。その後がどうもゆがんでいる」
「ゆがんでいる。わかっているのだ……」(ロイエンタール)

 

「そんな生活のどこに正義がある? 貴族とは制度化された盗賊のことだ」(ロイエンタール)

 

「この世でもっとも醜悪で卑劣なことはな、実力も才能もないくせに相続によって政治権力を手にすることだ。それにくらべれば、簒奪は一万倍もましな行為だ」

「すくなくとも、権力を手に入れるための努力はしているし、本来、それが自分のものでないことも知っているのだからな」(ロイエンタール)

 

「皇帝はおれより9歳も若いのに、自らの力で全宇宙を手に入れた」

「おれはゴールデンバウムの皇室や大貴族どもに反感をいだきながら、王朝それ自体をくつがえそうというまでの気概を持つことはできなかった。あの方におれがおよばぬ所以だ」(ロイエンタール)

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

第五章 混乱、錯乱、惑乱

「噂が事実をつくったのだ。あるいは、不特定多数の無意識の集合体が、時の流れに干渉したと言うべきであろうか」(エルネスト・メックリンガー)

 

「同盟内の反帝国強硬派を激発させるためには、まずヤン・ウェンリーが無実で逮捕されることが必要なのだ。それでこそ反帝国派を怒らせ、暴走させることができる」

「多少の強引さも、ときにはよかろう」(オーベルシュタイン)

 

「気になるなら卿から直接、陛下にうかがってみればよい。ヤン・ウェンリーを抹殺したいと思うのですが、陛下のお考えはいかがでしょうか、と」(オーベルシュタイン)

 

「犬には犬の餌、猫には猫の餌が必要なものだ」
「道を切りひらく者とそれを舗装する者とが同一人であらねばならぬこともなかろう」(オーベルシュタイン)

 

「現在でも、その考えは変わらぬ。だが、手をつかねて傍観していれば、目的の上からは退歩するとあれば、次善として積極策をとらざるをえんではないか」(オーベルシュタイン)

 

「レンネンカンプは生きていても元帥にはなれん男だ。だが殉職すれば元帥に特進できよう。何も生きてあることだけが国家に報いる途ではない」(オーベルシュタイン)

 

「世のなかには達眼の士がいるものだ。ちゃんとわかっている。そのとおり、私はなまけ心で寝ているのじゃなくて、人類の未来に思いをはせているのだ」(ヤン・ウェンリー)

 

「戦争の90パーセントまでは、後世の人々があきれるような愚かな理由でおこった。残る10パーセントは、当時の人々でさえあきれるような、より愚かな理由でおこった」(ヤン)

 

「心配しなくてもいいよ。何の罪やら見当もつかないが、まさか裁判なしで死刑にもしないだろう。ここは民主主義国家だ。すくなくとも政治家たちはそう言っている」(ヤン)

 
スポンサーリンク
→アフィリエイトを始めるならA8.net
→アニメ好き異性との出会い【ヲタ婚】

 

「そういつも、いつまでも、おとなしく言いなりになっていると思ったら、大まちがいよ。一方的になぐりつづけていても、いつか手が痛くなるわ。見ていてごらんなさい」(フレデリカ・グリーンヒル)

 

「ほう、もしかして私は何らの証拠もなく、風聞によって逮捕されたのですか」(ヤン)

 

「退役してからのほうが重要人物あつかいでね。名誉なことだ」(ダスティ・アッテンボロー)

 

「この罠の悪辣さは、罠と知りつつしたがうより他に対応のしようがないという点にあると見るべきだろう」(ワルター・フォン・シェーンコップ)

 

「専制政治だの民主政治だの、着ている服はちがっても、権力者の本質は変わらない。戦争をはじめた責任には口をぬぐって、戦争を終わらせた功績ばかり振りかざす輩だ」

「自分たち以外の人間を犠牲にしておいて、そら涙を流してみせるのが、奴らのもっとも得意な演技なんだからな」(シェーンコップ)

 

「あの連中は、吾々が政府に対する造反の相談をしているのではないか、と、うたがっている。というより、期待している。だとしたら、期待に応えてやるのが俳優の義務だろうよ」(シェーンコップ)

 

「おれは独身だし、後顧の憂いはない。身軽なものさ」(アッテンボロー)

 

「その当時、つまり19、20歳のころの乱行ぶりを思い出すと……」
「いやいや、その当時に帰りたくなる。あのころは女という存在がじつに新鮮に見えた」(シェーンコップ)

 

「おれは命令するのは好きだが、命令されるのはきらいでね」(シェーンコップ)

 

「法にしたがうのは市民として当然のことだ。だが、国家が自らさだめた法に背いて個人の権利を侵そうとしたとき、それに盲従するのは市民としてはむしろ罪悪だ」

「なぜなら民主国家の市民には、国家の侵す犯罪や誤謬に対して異議を申したて、批判し、抵抗する権利と義務があるからだよ」(ヤン)

 

「自分自身の正当な権利が侵害されたときにすら闘いえない者が、他人の権利のために闘いうるはずがない」(ヤン)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→アニメとマンガの名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

第六章 聖地

「警戒が厳重だとすれば、侵入をこころみたとき、相応のリアクションがあるでしょう。そこで何かきっかけがつかめるかもしれない」(ユリアン・ミンツ)

 

「地球は逃げはせぬし、奴らを地球の外へ逃しもせぬ。衛星軌道に達するまでに、よい思案をねっておけ。秘蔵の410年ものの白ワインを商品に出すぞ」(アウグスト・ザムエル・ワーレン)

 

「私は卿の哲学を知りたいのではない。卿に暗殺を指令した者の名を知りたい。いずれ地球教の関係者だろうが、この艦内にいるのか?」(ワーレン)

 

「どうせしゃべるまい。狂信者とはそういうものだ」(ワーレン)

 

「だめだめ、半世紀前は女でした、という骨董品ばかりさ」(オリビエ・ポプラン)

 

「おれもな、女だけで苦労したわけじゃないからな。青春の苦悩ってやつの、おれは歩く博物館なんだぜ」(ポプラン)

 

「サイオキシン○薬のケチャップづけを食わされたからだよ、行商人野郎!」(ポプラン)

 

「おれもやめたい。だけど人生はままならぬものでな。おとなになるってことは、やりたいこととやらねばならぬことを区別することさ。ではごきげんよう」(ポプラン)

 

「どうも男の服はぬがせにくい。第一、ぬがせ甲斐がない」(ポプラン)

 

「ものごとって奴は、最初のうちはなかなかうまく運ばないものでな……」
「だいたいは、もっとひどくなる」(ポプラン)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→銀河英雄伝説1巻
→銀河英雄伝説2巻
→銀河英雄伝説3巻
→銀河英雄伝説4巻
→銀河英雄伝説5巻
→銀河英雄伝説6巻(1/4)
→銀河英雄伝説6巻(3/4)
→銀河英雄伝説6巻(4/4)
→銀河英雄伝説7巻
→銀河英雄伝説8巻
→銀河英雄伝説9巻
→銀河英雄伝説10巻
→銀河英雄伝説 外伝
→銀河英雄伝説(ヤン)
→銀河英雄伝説(ラインハルト)
→銀河英雄伝説(キルヒアイス)
→銀河英雄伝説(オーベルシュタイン)
→銀河英雄伝説(ミッターマイヤー)
→銀河英雄伝説(ロイエンタール)
→銀河英雄伝説(ビッテンフェルト)
→銀河英雄伝説(ミュラー)
→銀河英雄伝説(メックリンガー)
→銀河英雄伝説(ケンプ)
→銀河英雄伝説(ルッツ)
→銀河英雄伝説(ファーレンハイト)
→銀河英雄伝説(ワーレン&ケスラー)
→銀河英雄伝説(シュトライト&フェルナー)
→銀河英雄伝説(マリーンドルフ伯)
→銀河英雄伝説(ヒルダ)
→銀河英雄伝説(アンネローゼ)
→銀河英雄伝説(メルカッツ)
→銀河英雄伝説(シュナイダー)
→銀河英雄伝説(シェーンコップ)
→銀河英雄伝説(ポプラン)
→銀河英雄伝説(イワン・コーネフ)
→銀河英雄伝説(アッテンボロー)
→銀河英雄伝説(ユリアン)
→銀河英雄伝説(フレデリカ)
→銀河英雄伝説(ムライ)
→銀河英雄伝説(パトリチェフ&フィッシャー)
→銀河英雄伝説(キャゼルヌ)
→銀河英雄伝説(オルタンス)
→銀河英雄伝説(カリン)
→銀河英雄伝説(シトレ)
→銀河英雄伝説(ビュコック)
→銀河英雄伝説(チュン・ウー・チェン)
→銀河英雄伝説(ホワン・ルイ)
→銀河英雄伝説(ルビンスキー)

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_ライトノベル
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました