「銀河英雄伝説5巻(田中芳樹)」(5/8)の名言・台詞まとめました

「銀河英雄伝説5巻(田中芳樹)」(5/8)の名言・台詞をまとめていきます。

5巻 風雲篇

→銀河英雄伝説5巻(1/8)はこちらより

第七章 バーミリオン

「私はここにいても、何のお役にも立てんでしょう。伯爵閣下のためにも、皇帝陛下のおんためにも」

「むしろヤン提督に協力して、ローエングラム公を打倒することに最後の可能性を見出したいのです。閣下には、そのための行動の許可をいただきたいと思っているのですが……」(ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ)

 

「これが帝国正統政府の全員です。どこまでも閣下のおともをすると申しております」(ベルンハルト・フォン・シュナイダー)

 

「何だっておっしゃっても、あれはルイ・マシュンゴ少尉ですわ」
「むろんユリアンがいるからでしょう、りっぱな護衛役ですわ」(フレデリカ・グリーンヒル)

 

「(ローエングラム公は)おそろしい男だな」
「(勝率は)五割もあるかな……?」
「勝たねばならない、か……」
「それにしても、えらいことだ。誰かかわってくれないものかな」(ヤン・ウェンリー)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「お前にむけて閉ざすドアは私は持っていないよ。はいりなさい」(ヤン)

 

「やれやれ、ふつうは年少者が突進を主張して、年長者がそれを抑えるがわにまわるものだが、どうも逆になってるようだな。私がローエングラム公に負けると思うのかい?」(ヤン)

「そんな言いかたで口封じなさるのは卑怯です」(ユリアン・ミンツ)

 

「なあ、ユリアン、私は勝算のない戦いをしないことをモットーにしてきた。今度もけっしてそのモットーにそむいているわけではないんだ」(ヤン)

「勝算はおありなんですね?」(ユリアン)
「正直なところ、多くはない」(ヤン)

 

「これは唯一の機会なんだ。ローエングラム公は私のねらいを正確に読みとった上で、私に誘いをかけてきている」

「純粋に打算だけで考えれば、私の存在など無視して首都ハイネセンを衝いてもよいのだ。いや、そちらのほうがおそらく効率的だろう」

「なのに彼はそうせず、いわば私の非礼な挑戦を受けてくれたわけだ」(ヤン)

 

「その意気に感じて、こちらも堂々と正面から戦うということなのですか」(ユリアン)

「いや、私はそれほどロマンチストじゃないよ。私がいま考えているのは、ローエングラム公のロマンチシズムとプライドを利用していかに彼に勝つか、ただそれだけさ」

「じつはもっと楽をして勝ちたいんだが、これが今回は最大限、楽な道なんだからしかたない」(ヤン)

 

「とにかく無理をなさってはだめですよ」(ユリアン)
「大丈夫だよ。無理するのは私の趣味じゃない。心配してくれてありがとう」(ヤン)

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

 

「ハイネセンやイゼルローンでならともかく、こんなところで自由行動と言われてもな。まあいい、おれは一夜の情熱のお相手をみつくろうことにするが、お前さんはどうする?」(オリビエ・ポプラン)

「部屋で寝ている」(イワン・コーネフ)

 

「くだらんことを堂々と言う奴だな」
「ジョークだったらくだらんし、事実だったらいっそうくだらん」(ポプラン)

 

「お前さんはジョークのほうが好きだからな」(コーネフ)
「ジョークだけでは生きられないが、ジョークなしでは生きたくないね、おれは」(ポプラン)
「お前さんは存在自体がジョークだろうが」(コーネフ)

 

「……このところ悪意の表現にみがきがかかったのとちがうか、コーネフさん」(ポプラン)
「いやいや、もてない男の嫉妬にすぎませんよ、気にしないでください、ポプランさん」(コーネフ)

 

「大尉……少佐……ミス・グリーンヒル……フレデリカ」(ヤン)
「はい。11年間の時間を、ようやくとりもどせたような気がしますわ」(フレデリカ)

 

「元帥がわたしのファースト・ネームを呼んでくださったのは、エル・ファシル星系で生命を救ってくださったとき以来です。憶えていらっしゃいます?」(フレデリカ)

 

「フレデリカ、この戦いが終わったら……」

「私は君より七歳も年上だし、何というか、その、生活人として欠けたところがあるし、その他にも欠点だらけだし、いろいろと顧みてもこんなことを申しこむ資格があるかどうか疑問だし、いかにも地位利用をしているみたいだし、目の前に戦闘をひかえてこんな場合にこんなことを申しこむのは不謹慎だろうし……」

「だけど言わなくて後悔するよりは言って後悔するほうがいい……ああ、こまったものだな、さっきから自分のつごうばっかり言ってる。要するに……要するに、結婚してほしいんだ」(ヤン)

 

「ふたりの年金をあわせたら、老後も、食べるにはこまらないと思いますわ。それに……」
「わたしの両親は八歳ちがいでした。そのことをもっと早く申しあげておくべきでしたわ。そうしたら……」(フレデリカ)

 

「あの、どうかなさいましたか」(フレデリカ)
「……返事をまだしてもらってないんだが、どうなんだろう」(ヤン)

「え!? イエスです、閣下。イエスですわ、閣下、ええ、喜んで……」(フレデリカ)
「ありがとう。何と言うか……何と言ったらいいのか……何と言うべきか……」(ヤン)

 
スポンサーリンク
→アフィリエイトを始めるならA8.net
→アニメ好き異性との出会い【ヲタ婚】

 

「……そうか、とうとうヤンの奴、なけなしの勇気を総動員したか」
「まあ基本的にはめでたいことだ。ひとつ乾杯といこうか」(アレックス・キャゼルヌ)

 

「そりゃヤンにはめでたいさ。何とあいつに嫁さんのなりてがあったんだからな。それも特上のな」

「グリーンヒル少佐にしても、まあ物好きの極致ながら好きな相手と結婚できるわけで、まことにめでたい。なにしろ、葬式はひとりでできるが結婚式はふたりでないとできないしなあ」(キャゼルヌ)

 

「それで、どうして、基本的に、なんて留保をつけるんです?」(ユリアン)
「それは、お前さんが乾杯の前に一杯あけてしまった、その理由さ」
「ミス・グリーンヒルのこと、あこがれていたんだろう、お前さん」(キャゼルヌ)

 

「ぼくは、おふたりを祝福してるんです! ほんとうです、おふたりともぼくは大好きだし、これはもう当然の結果で……」(ユリアン)

 

「こいつはおせっかいと承知で言うんだがな、恋愛にかぎらず、人の心のメカニズムは数学じゃとけない。方程式などたちやしないんだ」

「お前さんの場合はあこがれですむ段階だから、まあ、きれいな想い出というやつで消化される」

「ところがもっと深刻になると、ひとつのものに対する愛情が、他のものへの愛情も尊敬も失わせてしまう。善悪の問題じゃない。どうしようもなく、そうなってしまうんだ」

「正直、そうなってはちょっとこまると思っていた。お前さんは頭もいい、性格もまずりっぱなものだ。だが、そんなものとかかわりなく、火ってやつは燃えあがるものでね」(キャゼルヌ)

 

「ふむ、まあ、わかるのはいいことさ、たとえ頭のなかだけでもな」(キャゼルヌ)

 

「しかし、あのふたりは結婚しても提督とか少佐とかよびあうのかな」
「いや、おれの家内も、結婚した当初は、おれをキャゼルヌ大尉と呼んでいたものさ。呼ばれるたびについ敬礼したくなったね」(キャゼルヌ)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→アニメとマンガの名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

 

「新婚生活の邪魔をする気はありませんよ。ええと、何と言ったかな、馬にけられて死ぬってやつ、ぼくはいやですからね」(ユリアン)

 

「すぐに戦闘が開始されるわけではない。いまは緊張をほぐしておいたほうが、かえってよいだろう。三時間ほど自由にすごさせてやれ。飲酒も許可する」(ラインハルト・フォン・ローエングラム)

 

「ローエングラム公は、いまさら言うまでもないが比類ない天才だ。正面から同兵力で戦ったら、まず勝算はすくない」(ヤン)

「かもしれませんな。ですが、あなただってそう悪くない。今年にはいってからも、帝国軍の名だたる用兵巧者をたてつづけに三人、手玉にとったではありませんか」(ワルター・フォン・シェーンコップ)

「あれは運がよかったのさ。それだけではないが、とにかく運がよかった」(ヤン)

 

「勝てると思うかい、中将」(ヤン)
「あなたに、ほんとうに勝つ気があればね」(シェーンコップ)

「私は心の底から勝ちたいと思っているんだがね」(ヤン)
「いけませんな、ご自分で信じてもいらっしゃらないことを他人に信じさせようとなさっては」(シェーンコップ)

 

「あなたが勝つことだけを目的にする単純な職業軍人であるか、力量に対する自覚もなしに権力だけを欲する凡俗な野心家であるか、どちらかなら私としても煽動する甲斐があるんですがね」

「ついでに自分自身の正義を信じて疑わない信念と責任感の人であれば、いくらでもけしかけられる」

「ところがあなたは、戦っている最中でさえ、自分の正義を全面的に信じてはいない人ですからな」(シェーンコップ)

 

「信念なんぞないくせに、戦えば必ず勝つ。唯心的な精神主義者から見れば許しがたい存在でしょうな、こまった人だ」(シェーンコップ)

 

「……私は最悪の民主政治でも最良の専制政治にまさると思っている」(ヤン)

 

それにしても、最悪の専制は、破局の後に最善の民主政治を生むことがあるのに、最悪の民主政治が破局の後に最善の専制を生んだことは一度もないのは奇妙なことだ。(ヤン)

 

「それぞれの部署において対応せよ! 何のために中級指揮官がいるのか。何もかも私がしなくてはならないのか!?」(ラインハルト)

 

「そんなことは敵と相談してやってくれ。こちらには何の選択権もないんだから」(ヤン)

 

「たいした勇者だ。声は遠くにとどくのに、目は近くのものしか見えない。忌避すべき輩ですな」(パウル・フォン・オーベルシュタイン)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→銀河英雄伝説1巻
→銀河英雄伝説2巻
→銀河英雄伝説3巻
→銀河英雄伝説4巻
→銀河英雄伝説5巻(1/8)
→銀河英雄伝説5巻(2/8)
→銀河英雄伝説5巻(3/8)
→銀河英雄伝説5巻(4/8)
→銀河英雄伝説5巻(6/8)
→銀河英雄伝説5巻(7/8)
→銀河英雄伝説5巻(8/8)
→銀河英雄伝説6巻
→銀河英雄伝説7巻
→銀河英雄伝説8巻
→銀河英雄伝説9巻
→銀河英雄伝説10巻
→銀河英雄伝説 外伝
→銀河英雄伝説(ヤン)
→銀河英雄伝説(ラインハルト)
→銀河英雄伝説(キルヒアイス)
→銀河英雄伝説(オーベルシュタイン)
→銀河英雄伝説(ミッターマイヤー)
→銀河英雄伝説(ロイエンタール)
→銀河英雄伝説(ビッテンフェルト)
→銀河英雄伝説(ミュラー)
→銀河英雄伝説(メックリンガー)
→銀河英雄伝説(ケンプ)
→銀河英雄伝説(ルッツ)
→銀河英雄伝説(ファーレンハイト)
→銀河英雄伝説(ワーレン&ケスラー)
→銀河英雄伝説(シュトライト&フェルナー)
→銀河英雄伝説(マリーンドルフ伯)
→銀河英雄伝説(ヒルダ)
→銀河英雄伝説(アンネローゼ)
→銀河英雄伝説(メルカッツ)
→銀河英雄伝説(シュナイダー)
→銀河英雄伝説(シェーンコップ)
→銀河英雄伝説(ポプラン)
→銀河英雄伝説(イワン・コーネフ)
→銀河英雄伝説(アッテンボロー)
→銀河英雄伝説(ユリアン)
→銀河英雄伝説(フレデリカ)
→銀河英雄伝説(ムライ)
→銀河英雄伝説(パトリチェフ&フィッシャー)
→銀河英雄伝説(キャゼルヌ)
→銀河英雄伝説(オルタンス)
→銀河英雄伝説(カリン)
→銀河英雄伝説(シトレ)
→銀河英雄伝説(ビュコック)
→銀河英雄伝説(チュン・ウー・チェン)
→銀河英雄伝説(ホワン・ルイ)
→銀河英雄伝説(ルビンスキー)

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_ライトノベル
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました