「ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン(蝸牛くも)」の名言まとめました

「ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン(蝸牛くも)」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→インデックス
→Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー(外部リンク)

1巻

序章

「骰子(サイコロ)は、無慈悲なれど平等である」(王太子)

 

たとえ勝利したとしても、はたして世界は救われるのか──……。
──いや。神さえも骰子の出目は操れぬ。神ならぬ身ならば尚の事。(王太子)

 

「……そうですね。次はないかもしれませんもの」(女司祭、後の剣の乙女)

 

何人が生き残るかはわからない。この戦いでどれほどの傷を負うかわからない。地上で戦っている者も、誰も彼も、死んでしまうかもしれない。

──だけど。きっと必ず、世界は救われるだろう。(女司祭)

第2章

──ご婦人になる義務以前に、ご婦人になれる余裕とかが欲しいなぁ……。(受付嬢)

 

「義務っていうのはね、正義の努めっていうんだよ」(同僚)

 

己の意志で世に出ることを決めた若者の最初の一歩を、どうして嘲笑うことができようか。(老爺、工房の親方)

 

「ゴブリンだ」
「俺はゴブリンを退治しに行く」(彼、後のゴブリンスレイヤー)

 

第3章

「使いこなせ。装備しろ。やりてぇ事があんのに、手段を選んで何もしねぇんじゃ……生きてても、意味ねえぞ」(圃人の老爺)

 

ゴブリンを殺すなんていう事は、なんてこともない。一匹。まだ一匹。たった一匹。だが殺せた。(彼)

 

考えるのを止めてはいけない。(彼)

 

──やるべき事は単純だ。ホブゴブリンの死体を越え、飛びつき、組み伏せ、剣を振りかぶり、喉を狙って振り下ろす。それだけだ。(彼)

 

念のためだ。呪文が使えようが使えまいが関係ない。使わせない。(彼)

 

殺せば、殺されることはない。(彼)

 

一匹ずつ、一匹ずつ、その喉に短剣を突き刺し、抉り、息の根を止める。死んでいるならそれで良い。致命傷ならトドメを刺す。不意討ち狙いなら殺す。(彼)

 

「いなくなったら、やだからね!」(牛飼娘)

 

勝ったとも、負けたとも思わなかった。人を助けたのだとも思わなかった。ただ巣穴一つを潰したのだと、それだけを思う。(彼)

 

初めから何もかも上手く行くわけがない。だが、次は上手くやる。その次は、より上手く。(彼)

 

巣穴一つ二つで、終わりではない。終わるわけがない。これは始まりだ。ただ自分は一歩目を踏み出しただけだ。

──ゴブリンどもは、皆殺しだ。(彼)

第4章

「自己責任、とまでは言わないけど、上手く行く行かないは冒険者の領分でしょ?」(同僚)

 

「ゴブリンか?」
「ゴブリンなら俺が行こう」(彼)

 

「信頼と信用。お仕事ですから、お金を払うのでちゃんとやってください」(受付嬢)

 

「待ってるから! 待ってるから、ちゃんと、今度は」(牛飼娘)

 

第5章

誰かがやらねばならない事であった。中堅者はもとより、初心者でさえ引き受けないなら、誰が依頼人を助けるというのか。(受付嬢)

 

「ゴブリンの相手は、俺が一人でやる」(彼)

 

「残り一人。良くある、こと。……でしょ?」(魔女)

 

いつまでもいつまでも、ずーっと騒いでなんかいられないのだ。
ましてや、似たような事件は世の中にいっぱいあるのだから。(牛飼娘)

 

第6章

十中八九、ゴブリンどもが来るのは背後の山からだろうと思った。だがそれはそれとして周辺への警戒を疎かにして良い理由はない。(彼)

 

「業腹だが、今夜までは奴らの自由にさせる。だが、明日の夜はそうはいかん」

 

こんな風に簡単にはいくまい。──人の心は、複雑なようで単純で、やっぱり複雑だ。(牛飼娘)

 

──とりあえず目の前の事だけやれ。先の事、気にしてる余裕なんざねえだろうが。(圃人)

 

第7章

──やれるかどうかではない。やるのだ。それが現実。さもなくば死ぬ。現実とはそれだ。(彼)

 

自分がいなければ等と思うのは思い上がりも良い所だ。村が一つ滅んでも世界は回る。人が一人死んでも世界は回る。骰子は振られる。

 

第9章

「そりゃあ、時と場合によって、言う事は変わるものだよ」(同僚)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

1巻は「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年10月11日現在)

アマゾンリンク
ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_ライトノベル
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました