「ギリシア人の物語」の名言まとめました

「ギリシア人の物語(塩野七生)」より名言をまとめていきます。

古代ギリシアの民主政はいかにして生まれたのか?
いかに活用され、困難を乗り越えてきたのか?
シリーズ1巻では民主政誕生から始まり、ペルシア帝国との戦いがメインになっている。
アテネやスパルタ等おなじみの都市国家が出て来る世界は、ロマンを感じること間違いなし。
「ローマ人の物語」とは異なる世界をお楽しみください。

ギリシア人の物語1

特徴

ギリシア人は短距離走者であり、ローマ人は長距離走者であったのだ。

よく、ギリシア・ローマ時代という感じで一括りに言われることがある。
歴史に興味のない人なら、単なる場所の違い程度に捉えている人も多いでしょう。
しかし、性格から考え方まで全然違う。
実際、著者の「ローマ人の物語」は全15巻に対して、「ギリシア人の物語」は全3巻の予定ですからね。

男社会

観客席には、ギリシア人以外の外国人も奴隷でさえも坐れたのに、女の観戦は認められていなかった。
ギリシア人の世界はローマ人の世界以上に、男たちの世界なのである。

オリンピックの元にになっている、オリンピアの競技会について。
古代ギリシアは神話のイメージが強いため、男女がそれぞれに活躍しているイメージだが、実際は違ったみたいですね。
女性の著者なら、このような事柄に対して批判的な書き方を良くするが、ここではタダの事実として淡々と書かれている。
この客観的な表現が、塩野さんの魅力です。

当時のギリシア

トロイ戦争のほうは「木馬」によってケリがついたが、現実の人間世界ではそうはことはうまく進まない。
人間世界には、ゼウスのように権威があって強力な調停役もいなかった。
かと言って、毎年のように夏になると戦争ばかりしているのも非人間的である。
ならば休戦すればよいではないかと思うが、人間同士が結ぶ休戦などはすぐ破るのがギリシア人である。
オリンピックとは、戦いばかりしていた古代のギリシア人から生まれた、人間性に深く基づいた「知恵」であったのだった。

とにかく当時のギリシアは、それぞれの都市国家で戦争ばかりしていた。
その状況を少しで改善したいと考えて始まったのが、四年に一度のオリンピアでの競技会だ。
現在のオリンピックのように、各都市国家から代表が選ばれて競い合い、勝利者は栄光につつまれる。
しかも、その間は戦争も休戦になる。
こうなってみると欲望というよりは、戦争自体を楽しんでいたのではと考えてしまう。

スパルタ精神

敵には絶対に、背を見せてはならない。戦場では、勝つか、死ぬか、しかない。

スパルタ人の戦いに望む考え方になります。
奴隷が強制されているのではなく、小さいときからの教育で、そのような思想を叩き込まれている。
だから、戦いにおいては強力である。しかし、柔軟性にかけるとも言える。
現在でも「スパルタ式」という言葉があるぐらいだが、絶対に間違っている。

法律と宗教

たが、こうすることで、「リクルゴスの憲法」は「法律」ではなく、「宗教」になったのだ。
法律ならば時代の変化に応じて改めることはできるが、宗教になってしまっては変更は許されない。
護憲主義の極みだと思うと、笑わないではいられないのだが。

分かりにくいので少し説明すると、リクルゴスという人物が自分の考えの憲法を作った。
しかも自分の考えでは民衆に受けれられないので、デルフォイの神託という形で広めていく。
その後、民衆に守ることを誓わせた後、自身は旅に出る。
そして、死ぬまで祖国に帰らなかった。
その結果、判断を仰ぐ人物を失ったため、法律ではなく宗教的な決まりごとになってしまった、ということです。
自己犠牲なのか、悪辣なのか、判断に迷うところ。
しかしスパルタという国では、長く受け継がれていく。
「正しいのか?」という判断が出来なくて、「正しいのだ!」という決まりは、少し極端な気がします。

スポンサーリンク

正しさと狂信

社会の正し手と自認している人ほど、狂信的になり、執念の虜になりやすいのだ。

スパルタの役職である、「エフォロス(5人の監督官)」について
評した言葉になります。
監督官や監査官など調べる側の立場の人は、自分の正しさを信じている。
そして自分の正しさと異なることは、全て悪となる。
自分が悪と内心で思っている人は、優しくは無いまでも限度というのを考えている。
しかし自分が正しいと考えている人の悪に対する行動は、何をしてもOK的な感じになる。
「なぜなら悪だから!!」
最近良く見る光景だが、平和を訴える人ほど、自分と意見の異なる人に対して、暴力的なのはなぜですかね?

ギリシア人気質

ギリシア人は、真・善・美の世界の住人なのだ。

「美は善であるとともに真である」と、いうこと。
単純にゴロが良かったのでピックアップしました。
ちなみにこれは、男色についての考え方。

軍事力と政治力

征服は、もちろんのこと軍事力の優劣で決まる。
だが、軍事力による征服が敗者から受け入れられるか否かは、政治力の優劣で決まるのである。

強力な軍事国家が、征服地の統治ミスより瓦解した例は多数見られる。
また軍事力と政治力はイコールではない。
特に個人において、両方に卓越した能力を発揮するほうがマレと言える。
よって、武官と文官の争いはなくならない。

文化文明

時代を画するほどの文化文明は、異分子との接触による刺激がないところには生まれない。
経済力があれば、文化文明が生まれるとはかぎらない。だが、ないところには生まれない。

文化文明に関するものをピックアップしました。
日本では異文化交流が無いわけではないが、全体的に少ないのは間違いない。
統一した考えがプラスに働くこともあるが、違う思想を取り入れなければ、これから先は難しいのかもしれない。

民主と専制

民主政体を維持しながら国をまとめていくのも難事だが、専制君主国ならば容易かと思うとまったくそうではない。

民主政体にしても専制君主国にしても完全ではない、と言うこと。
言い方を変えれば、どちらにも長所があり短所がある。
古代においては、「どちらが正しいか?」ではなく、「どちらが自分達に合っているか?」だったのでしょうね。

民主政体の敵

しかし、「形」としての民主政体と、それを実際に機能させることはちがう。
民主主義にとっての最大の敵は、「機能しない」ことであり、「結果が出ない」ことなのだ。

外敵が現れた時の対応についてになります。
「民主主義は正しい」と私は考えていますが、意思決定の遅さや衆愚政治といわれるなど、緊急時に弱い体制でもある。
「従来の民主主義を守ったために負けました」では話にならない。
そのため、民主主義は結果を出さなければいけません。
その結果、緊急時には特別処置がよく取られる。
それ自体は正しいが、抜け穴を見つけて悪用する人も出てくる。
政体も日々のメンテナンスが必要です。

レオニダス

「武器を差し出せば各自の国への自由な帰国を許す」
「モラン・ラベ (取りに来たらよかろう)」

ベルシア王の使者とスパルタのレオニダスとの引見シーンになります。
降伏勧告に対しての返事であり、かなり有名な言葉です。
「取りに来たらよかろう」。かっこいいですね。また、その結果が悲劇的なのも。

説得力

説得力とは、他者をも自分の考えに巻き込む能力である。
他者の意見を尊重し、それを受け入れ歩み寄ることによって、着地点を見出すことではない。

説得力と調整力の違いですかね?
これを見ると、説得力には人としての魅力が必要になる。

サラミスの海戦

持てる力では劣勢でも、持てる力の活用では優れていた側が勝った戦闘(バトル)でもあった。

歴史上、最初の海戦と言われる「サラミスの海戦」をまとめたもの。
数やサイズではペルシアより劣っていたギリシア側が、自分達の有利な状況に持ち込むことにより勝利した、ことによる。
大には大の、小には小の長所と短所がある。
数が多ければ有利だが、不利に働くこともある。
小が真正面から戦うのは、「勇気」ではなく「無策」だということを覚えておきたい。

兵站

優れた武将として知られた人に、兵站を重要視しなかった人はいない。
兵站を無視していては、戦闘にも勝てない。
現地調達に頼り兵士たちの精神力だけに頼っていては、総合的な力の結集でもある戦争には勝てないのだ。

日本人は忍耐強くて、優秀だと考えられている。
だからなのか、兵站に対する意識が弱いのでは?
少し話はそれるが、北海道には新鮮で美味しい食材がたくさんある。
そのため、料理の技術が発達しにくいと聞いたことがあります。
逆に京都などは完全な内陸であり、新鮮な食材の調達が困難な地域です。
そのために料理の工夫をしたり、若狭からの「鯖街道」などを利用して、少しでも良いものを入手する知恵をつけてきた。
不便だからこそ工夫が生まれる。
話を戻して兵站について考えた時、日本人では一人の人物が目に浮かぶ。
誰もが知っている「織田信長」です。
私も詳しいことは知らないが、信長だけが長期間の多数の兵士の運用を行っている。
専業の兵士を採用したり、尾張が裕福な土地なのはあるが、同様のことは多くの地方で出来たはず。
それでも、実際に出来たのは信長だけ。
そして私が知る限り、信長軍が兵站で苦しんで負けた事例は記憶にない。
暴君的なイメージが強く、人使いも荒かったが、大局的な目線が当時の人物の中では飛び抜けていたと考えている。
多くの日本人が、新会社や新部門に対して都合よく「任せている」だけで、フォローが出来ていないように感じる。

富者の愚

これほどの富に恵まれていながら、クセルクセルはなぜ、これとは比べようもないくらいに貧しいギリシアを征服したいと思ったのだろうか。

クセルクセスとはペルシア王のこと。
ペルシアとの戦いに勝利した後、ギリシアの総司令官パウサニアスが語った言葉になります。
当時はギリシアより、オリエントのペルシアの方が遥かに裕福です。
またペルシアは巨大であり、ギリシアを得ることによる具体的な利益は少なかったはず。
「それなのに、なぜ?」、という疑問。しかし、この答えは簡単でしょう。
単純に「大国だから」です。
大国だから、弱い国には優しくなれても、強い国には優しくなれない。
頭を下げる国には優しくなれても、拒否する国には無関心ではいられない。
理屈ではなく、感情の部分と言えるでしょう。

奇策

奇策とは、くり返せないから「奇策」なのである。

まさに、その通り。しかし繰り返して失敗するのも、歴史上の事実。
繰り返しが出来て、勝率が高い方法。それを人は「正攻法」と呼ぶ。

既成事実と正論

既成事実を前にして正論を説かれると、本心からは納得しなくても、まあそれで良しとしようという、対応も穏やかに変わる場合が多い。

アテネの城塞化工事に対して、スパルタから非難がきた。
それを正当化するために使った策略になる。
ここで現代に変えて考えてみる。
たとえば、「ダムを作りたい」や「高速道路を通したい」と民衆に確認してもコスト面や利用面のマイナス要素を考えて、必ずしも賛成してもらえるとは限らない。
そこで、なんの確認もせずにダム工事や高速道路設置を進めた後、民衆に確認するとどうなるでしょう?
どうしても、既に作ってある分のコストに目が行ってしまう。
そこで、安全面や利便性が良くなるとの正論を展開する。
そうなると、「潰すのももったいないから、まーいいか」となる。
このやり方が正しいとは思わない。しかし、そういう一面があるのも事実。
これを、「政治力」というのか「悪辣」というのかは、私には分かりません。

哲学と歴史

人間とは、偉大なことでもやれる一方で、どうしようもない愚かなこともやってしまう生き物なのである。
このやっかいな生き物である人間を、理性に目覚めさせようとして生まれたのが「哲学」だ。
反対に、人間の賢さも愚かさもひっくるめて、そのすべてを書いていくのが「歴史」である。
この二つが、ギリシア人の創造になったのも、偶然ではないのであった。

本巻の最後のまとめとして、書かれている言葉になります。
少し長いですが、全文載せました。特別な言葉ではないが、感慨深いものがある。
哲学と歴史。年を取るごとに、更に興味が湧いてくる分野です。

感想

読み終わって感じたことは、「面白かった」
そして、「時間がかかった」というところです。
会話風で進む簡単な小説と比べたら、1ページ当たりで4倍ぐらいかかったかもしれない。
それぐらい文字が小さく、また文字で埋まっていた。
ただ、それでも途中でダレることはない。
最初のギリシアの成り立ちからアテネやスパルタについて。
その後のペルシアとの戦いなど、興味深いところばかりでした。
著者の「ローマ人の物語」も全て読んでいますが、ギリシア人についても、ローマ人に負けないぐらい魅力的です。
やはり、ギリシアという響きはロマンを感じますね。
古代西洋の歴史に興味のある方はもちろん、あまり知らない方にもおすすめしたい一冊です。

ギリシア人の物語I 民主政のはじまり
塩野 七生
新潮社
売り上げランキング: 12,915

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク