「物語のおわり」の名言まとめました

「物語のおわり(湊かなえ)」より名言をまとめていきます。

キッカケ

行ってみればいいじゃないか。

少女は山の向こうの世界に興味はあるが、全て想像で終わっていた。
その時に一緒にいた少年が話したこと。
「行きたい」や「やりたい」と話す人は多い。
しかし話すだけで実行しない人が多いのも事実。
誰かの後押しが欲しいのだろうか?
もしそうだとしたら、残念ながら失敗は目に見えている。

旅の世界

旅の世界では、当たり前の現象でも、知らない景色やいつもと違う気持ちと重なり合って、新鮮で特別なものになる。

旅はもちろんだが、「日常と離れる」ことによる開放感だと考えている。
言い方を変えれば、普段がそれだけ抑圧されていることになる。
仕事でも旅のような気分で出来れば、結果が変わるのかもしれない。

日常生活

せっかく旅に出るのに、日常生活と繋がるものがあると、どっぷり浸れないもんねえ。

ケータイを置いたまま動いている少女に対して、一人旅をしている女性が話したこと。
旅にも好みや目的があるので、何が正しいかは分からない。
しかし一人旅をしているなら、その時だけでも日常とは離れていたい。
眼の前の景色の感動を、共有したいと連絡を取る人がいる。
個人的な趣味でいえば写真でも撮り、後で共有するのが好ましい。

写真

いくら技術が高くても、何も考えずにただ景色を切り取った写真では、見る人に感動を与えることはできない。

プロカメラマンを諦めた男性の言葉になる。
個人的にも写真はよく撮るが、正直ただ見えてるものを撮っているだけに過ぎない。
簡単に言えば、「記録」に過ぎない。
そこに「何か」は入っておらず、ただの風景になっている。
本書内にも書いているが、写真にも「目的」がいるのかもしれない。

恩返し

親切にしてくれた人に直接お返しすることだけが恩返しじゃない。
誰か別の人に返してもいいはずだよ。

自転車で一人旅をしている女性が、同じく一人旅の男性から聞いたこと。
「物事は巡る」という考え方。
個人的には同感です。

旅の結果

二週間ばかり一人旅をしたからといって、自分だけが世界の広さを知った気になっていたなんて。

北海道の一人旅から帰ってきた女性が、旅をせずに頑張っていた恋人を見て気づいたこと。
一人旅などでいろいろな経験をすると、確かに何かを得た気になる。
しかし実際として「何か」かは、必ずしもあるとは限らない。
もちろん得ているかもしれない。
しかしそのこと自体は自慢することでは無いだろう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 
アマゾンリンク
物語のおわり (朝日文庫)

→山女日記
→インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク