崩れる脳を抱きしめて(知念実希人)より言葉と名言の紹介

崩れる脳を抱きしめて(知念実希人)

 碓氷蒼真は神奈川にある「葉山の岬病院」に、研修医として配属された。

 

 そこで脳腫瘍という爆弾を抱え、余命短い弓狩環(ゆがりたまき)と出会う。

 

 ユカリ(弓狩の濁点無し)に心惹かれる碓氷だが、研修期間の終わりが近づいてきて...

 

 ラストにどんでん返しが待っているミステリー。

明日

 

 そう、それじゃあまた明日ね。
 今夜、私の爆弾が爆発しなかったら。

  碓氷に対して、ユカリが話したこと。

 

  いつ爆発してもおかしくない腫瘍を抱えるとは、明日を迎える保証はない。

 

  だからこそ、軽い言葉でしか言えないのだろうか?

 

終末医療

 

 終末医療は、「興味」なんて軽い気持ちでかかわれるものじゃない。

  葉山の岬病院の院長が語ったこと。

 

  研修医として来ている碓氷に対して、気持ちの持ち方を教えている。

 

  治すのが目的ではなく、その時を迎えるのを目的にしているとは、どのような感じ
 なのだろうか?

 

鳥籠

 

 ねえ、ダイヤの鳥籠に入った小鳥と、大空を自由に飛べる小鳥、どっちの方が
幸せだと思う?

  ユカリが碓氷に対して話したこと。

 

  いくら豪華であっても、死を待つだけの部屋。

 

  貧乏であっても、自分の意志で動くことが出来る世界。

 

  選ぶ必要もないだろう。

 

魔力

 

 あるわけない? そう言い切れる?
 お金の魔力は人を狂わせる。知っているでしょ。

  突然、大金を相続したユカリ。

 

  それにより、故意と思われる危険な目にあっていた。

 

  それに疑問を感じた碓氷に対して、ユカリが話したこと。

 

  お金が有る苦労と無い苦労。

 

  選べるなら、どちらを選びますか?

 

医学と医療

 

 医学と医療は似て非なるものだ。
 医学的に正しい治療でも、患者にとって望ましくないということは少なくない。

  院長が、ある行動をした碓氷に対して語ったこと。

 

  この考え方には個人的に賛成する。

 

  しかし人は時と場合により、都合の良い方を正しいと考えているように感じる。

 

  「正しい」とはなんだろうか?

 

矛盾

 

 そう、矛盾してるよね。
 死ぬのが怖いから、早く死んでなにも感じなくなりたいなんてさ。

  「死」に対して恐怖を感じている、ユカリが話したこと。

 

  言っていることは分かるが、正確には理解出来ない。

 

  と言うより、同じ状況にならないと誰も分からないだろう。

 

  しかし似たようなことは、多くの人が経験しているかもしれない...

 

望み

 

 それって本当にあなたが望んでいることなの?

  何かを頑なに信じている碓氷に対して、ユカリが問いかけたこと。

 

  本当に望んでいることと、望んでいると信じていることがある。

 

  特に長年信じていると、それ以外に道が無いように錯覚してしまう。

 

  常に複数の道があることを覚えておきたい。

感想

 

  面白く、そして読みやすい作品でした。

 

  ただ正直な所、ある一定の年齢の男性を考えると、少し違うかもしれない。

 

  また初めから「どんでん返し」をアピールしすぎると、展開が読めてしまうので
 無いほうが好ましい。

 

  しかしストーリー的にはよく出来ていると考えます。

 

  若い感覚を持っている人には、おすすめの作品です。

 

 

崩れる脳を抱きしめて
知念 実希人
実業之日本社
売り上げランキング: 2,755

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

青くて痛くて脆い
Ank : a mirroring ape
AX(アックス)
R帝国
居酒屋ぼったくり
居酒屋ぼったくり2
居酒屋ぼったくり3
居酒屋ぼったくり4
居酒屋ぼったくり5
居酒屋ぼったくり6
意識のリボン
いなくなれ、群青
太秦荘ダイアリー
海の見える理髪店
王とサーカス
億男
オペレーションZ
おらおらでひとりいぐも
海賊とよばれた男(上)
海賊とよばれた男(下)
カエルの楽園
かがみの孤城
かくしごと
風の歌を聴け
風よ僕らに海の歌を
彼方の友へ
きっと嫌われてしまうのに
君の膵臓をたべたい
きょうの日は、さようなら
機龍警察狼眼殺手
銀河鉄道の父
銀翼のイカロス
コーヒーが冷めないうちに
珈琲店タレーランの事件簿
珈琲店タレーランの事件簿2
珈琲店タレーランの事件簿3
珈琲店タレーランの事件簿4
珈琲店タレーランの事件簿5
婚活中毒
サイレンス
鹿の王(上)
鹿の王(下)
さよなら僕らのスツールハウス
さよなら妖精
真実の10メートル手前
1973年のピンボール
その白さえ嘘だとしても
断層の森で見る夢は
小さいそれがいるところ根室本線狩勝の事件簿
ちょっと今から仕事やめてくる
ツバキ文具店
貘の耳たぶ
盤上の向日葵
羊と鋼の森
羊をめぐる冒険(上)
羊をめぐる冒険(下)
ビブリア古書堂の事件手帖
ビブリア古書堂の事件手帖2
ビブリア古書堂の事件手帖3
ビブリア古書堂の事件手帖4
ビブリア古書堂の事件手帖5
ビブリア古書堂の事件手帖6
ビブリア古書堂の事件手帖7
ぼくは愛を証明しようと思う
ぼくのメジャースプーン
また同じ夢を見ていた
緑の窓口
メガネと放蕩娘
山女日記
汚れた赤を恋と呼ぶんだ
よるのばけもの
羅生門・鼻
忘れられた巨人

トップページ 分類リスト プロフィール お問い合わせ 管理人サイト