「婚活中毒」の名言まとめました

「婚活中毒(秋吉理香子)」より名言をまとめていきます。

もうすぐ40になる沙織は、彼から一方的に振られてしまう。
意を決して地元の婚活所に登録すると、すぐ理想的な男性を紹介される。
有頂天になる沙織だったが、その男性と付き合った女性3人が、既に亡くてっていることを知るのだった。
婚活にまつわる4つのブラックミステリー。

これから

で、これからどうするつもり?
女はね、仕事だけじゃ生きていけないんだから。40になったら、どんどん縁遠くなるだけ。

よく言われる現実。けどこれって、女性だけじゃない。男も全く同じ。
40過ぎても結婚するためには経済力が。

どちら

高級スーツに身を包んだブサメンと、安物スーツを着たイケメン、女子がどちらを選ぶかは明白だ。

とりあえず、アラフォー女性が「女子」と言ってるのは無視する。
言っていることは間違いない。しかし覚えていて欲しい。
男女を入れ替えても、まったく同じだと言うことを。

孤独

孤独死なんて、老人だけのものだと思い込んでいた。

若い人でも、突然死の可能性はある。しかし家族がいたら、対応も早くなる。
自営業の独身にとって、これだけは恐ろしい。

作戦

ブスが婚活で不利であることは、動かしようのない事実。
けれども作戦次第で、勝利することはできる。

美人には美人の、ブスにはブスの良さがある。
それは外見であり、内面であり、仕草など色々。
それぞれが、それぞれの長所を活かせば良い。
ただ婚活という限られた場では、それが本質なのかは分からない。

対策とデータ

リケジョたるもの、傾向と対策は怠らない。なんてことだ。不測のデータ変更があったとは。

データ収集と対策は万全、リケジョの心の声。
相手ことを知りたいのは分かる。事前の対策を考えるのも分かる。
しかし、傾向とかデータとか言われると引いてしまう。

しっぺ返し

なんていうか、データとか分析に頼り切っていると
───しっぺ返しされそうな気がする。

実際に会ってからも、データ分析を続けるリケジョ。それに対して忠告した言葉になる。
恋愛みたいに感性が大切なものは、データ化出来ないと考える。
またこんな風にも考えたくない。もしかして、甘いかな?

スポンサーリンク

繰り返し

選ばれるか、選ばれないか
───人生ってのは、そういうことの繰り返しなんだな。

婚活にまつわる心の声。言っていることは分かるけど、ちょっとこれでは寂しい。
なぜ、選ぶか選ばないかでは無いのだろう。

感想

婚活にまつわる4つの短編だが、ちょっとブラック。
幸せな結末を望んでいるなら、読まないほうがいい?
婚活中の人は、ちょっと怖くなるかも?
婚活をナナメから眺めたい人にはおすすめです。

婚活中毒

婚活中毒

posted with amazlet at 18.11.12
秋吉 理香子
実業之日本社
売り上げランキング: 61,906

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク