「空屋の冒険・ノーウッドの建築業者(コナン・ドイル)」の名言・台詞まとめました

「シャーロック・ホームズの復活(コナン・ドイル)」の短編「空屋の冒険」「ノーウッドの建築業者」の名言・台詞をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→本の名言インデックス
→アマゾン「kindle unlimited」のメリットとは?

シャーロック・ホームズの復活

空屋の冒険

「きみの望みとあれば、いつでも、またどこへでもお供するよ」(ジョン・H・ワトスン)

 

「すべてを打ち明けたのは、たったひとり──兄のマイクロフトだけだ」

「きみにはどれだけ謝罪してもしきれないほどだが、しかしねワトスン、ぼくがもうこの世にいないと思わせておくことが、なにより肝心なことだったし、しかもきみの場合、きみ自身が心の底からそれを信じているのでないかぎり、ぼくの不運な最後のようすを、あれほどの説得力をもって描くことは、おそらく無理だったに違いないんだ」(シャーロック・ホームズ)

 

「仕事こそが悲しみへのまたとない解毒薬だよ、ワトスン。そしてその仕事が今夜、ぼくらふたりを待っている」

「首尾よく解決に導ければ、そのこと自体がこの地上に生きたひとりの男の人生に、生きたあかしを与えてくれるというほどの大仕事なんだ」(ホームズ)

 

「幾月もわが限りなき変幻自在の才をむしばまず、度重ねてもそれが錆びつくことなし」(ホームズ)

 

「個々の人間は、いわばその一家の歴史の縮図というわけだよ」(ホームズ)

 

「ここから先は、推測の領域になるから、どれだけ論理的な頭脳の主といえども、誤る可能性がないではない」
「各自がいまわかっている証拠にもとづき、それなりの仮説を立てる余地があるわけだ」(ホームズ)

 

「これでモラン大佐がわれわれを悩ますことも、もはや二度とあるまい」

「シャーロック・ホームズ氏もいま一度、わがロンドンの複雑な暮らしが生みだすあまたの興味ぶかい小事件を前に、心おきなくそれらの探究にふけることができるというわけだよ」(ホームズ)

ノーウッドの建築業者

「犯罪研究の専門家としての立場から言わせてもらうと、かのモリアーティー教授が亡きひととなって以来、このロンドンという街も、まったくつまらない土地になってしまったよ」(ホームズ)

 

「しかしぼくから見ると、この事件にはまだはっきりしない点がないでもないんだ」
それがね、レストレード君、ぼくに言わせれば、ちとはっきりしすぎてるのさ」(ホームズ)

 

「ただぼくとしては、ほかの見かたにも可能性はないじゃないってこと、それを指摘したかっただけさ」(ホームズ)

 

「今度ばかりは、正直なところ、やっこさんのほうが正しくて、こっちがまちがってるんじゃないかって気がしてきた」
「ぼくの勘はこぞっていっぽうをさしてるんだが、事実はこぞって逆の方向をさしてる」(ホームズ)

 

「ぼくにはあれがすべて嘘っぱちだとわかってるんだ。直感がそう語っている」(ホームズ)

 

「いまは食べ物の消化のために使えるエネルギーも神経もないんだ」(ホームズ)

 

「言っとくけどね、レストレード君、ぼくのやることには何事によらず、必ずれっきとした理由があるのさ」(ホームズ)

 

「それはまったく望まない。仕事そのものがぼくには報酬なんだから」(ホームズ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
→オーディオブックならAmazonオーディブル
 
アマゾンリンク
シャーロック・ホームズの復活

 

→シャーロック・ホームズの名言
→ジョン・H・ワトスンの名言
→ジェームズ・モリアーティ教授の名言
→アイリーン・アドラーの名言
→マイクロフト・ホームズの名言

→エルキュール・ポアロの名言
→アルセーヌ・ルパンの名言
→エラリー・クイーンの名言
→ドルリー・レーンの名言
→ファイロ・ヴァンスの名言
→オーギュスト・デュパンの名言
→加賀恭一郎の名言
→湯川学の名言

→緋色の研究
→四人の署名
→ボヘミアの醜聞、赤毛組合
→花婿の正体、ボスコム谷の惨劇
→五つのオレンジの種、くちびるのねじれた男
→青い柘榴石、まだらの紐、技師の親指
→独身の貴族、緑柱石の宝冠、橅の木屋敷の怪
→シルヴァーブレーズ号の失踪
→黄色い顔、株式仲買店員、グロリアスコット号の悲劇
→マズグレーヴ家の儀式書、ライゲートの大地主
→背の曲がった男、寄留患者、ギリシャ語通訳
→海軍条約事件
→最期の事件
→バスカヴィル家の犬
→踊る人形、ひとりきりの自転車乗り
→プライアリースクール、ブラックピーター
→恐喝王ミルヴァートン、六つのナポレオン像
→三人の学生、金縁の鼻眼鏡、スリークォーターの失踪
→アビー荘園、第二の血痕
→恐怖の谷
→ウィステリア荘、ボール箱
→ブルース=パーティントン設計書
→赤い輪、瀕死の探偵、レイディー・フランシス・カーファクスの失踪
→悪魔の足、シャーロックホームズ最後の挨拶
→高名の依頼人、白面の兵士、マザリンの宝石
→三破風館、サセックスの吸血鬼、ガリデブが三人
→ソア橋の怪事件、這う男、ライオンのたてがみ
→覆面の下宿人、ショスコムオールドプレース、隠退した絵の具屋

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_小説
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました