「海軍条約事件(コナン・ドイル)」の名言・台詞まとめました

「回想のシャーロック・ホームズ(コナン・ドイル)」の短編「海軍条約事件」の名言・台詞をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→本の名言インデックス
→アマゾン「kindle unlimited」のメリットとは?

回想のシャーロック・ホームズ

海軍条約事件

「警察というところは、事実を集めるという点では、なかなか有能ですから──ただあいにく、集めたそれを有効に使いこなせるとは、必ずしも言いきれない」(シャーロック・ホームズ)

 

「じつのところ、推論をなにより必要とするのは、宗教を措いてほかにありません。理論家の手にかかれば、宗教も精密科学さながらに緻密に構築されうるのです」(ホームズ)

 

「疑っていますよ、ぼく自身を」
「あまりにも早く結論に到達してしまったことについて、です」(ホームズ)

 

「とんでもない、灯台だよ! 未来を照らすかがり火があれ(公立小学校)だ! 種をつつむ莢だと言ってもいい」

「それぞれに光り輝く小さな種子が何百、何千と詰まっている。やがて莢がはじけると、わが英国の未来という、より賢く、よりすばらしい種がとびだしてくるんだ」(ホームズ)

「およそ犯罪のうちでももっとも追求の困難なのは、無目的な犯罪だ。だが、今度のこれは、けっして無目的じゃない」(ホームズ)

 

「ひとつの可能性というだけだよ──ただしその可能性をまったく排除してしまうわけにもいかない」(ホームズ)

 

「今度のこの事件をうまくかたづけたいと思うなら、ぼくを敵にまわすのではなく、協力したほうがよほど得になるはずだ」(ホームズ)

 

「ぼくはね、彼とのつきあいが長いから、わかるんだ──あの男がなにかれっきとした理由もなしに行動することなんて、ぜったいにないんだってこと」(ジョン・H・ワトスン)

 

「ぼくの見てきたかぎりでは、手がかりがなくて迷っているときには、そうだとはっきり口に出す」

「逆に、牡蠣のように口をつぐんでしまうのは、有望な手がかりを追ってはいるんだが、それが正しいという絶対の確信を持てずにいる、そんなときなのさ」(ワトスン)

 

「なに、ほんのかすり傷だ──しかもぼく自身のどじで、自業自得さ」(ホームズ)

 

「こんなやりかたでいきなり持ちだすのは、ちょっと悪戯が過ぎましたか」

「しかし、このワトスンならよく知ってますが、ぼくはなにかにつけて、芝居がかったおまけをつけずにはいられない性分でね」(ホームズ)

 

「名誉といえば、じつにぼくの名誉だってあやういところだったんです」
「きみがゆだねられた使命をしくじりたくないのとおなじに、ぼくだって事件の捜査で失敗はしたくないですからね」(ホームズ)

 

「この事件でなによりむずかしかったのは、あまりにも証拠がありすぎるということでした。そのため、肝心な点が、がらくた同然の筋ちがいなものに埋もれ、隠されてしまっている」

「示された多くの事実のうちから、われわれはまず本質的と思えるものを抜き出し、しかるのちにそれをつなぎあわせて、ひとつながりの筋の通ったものに再構築する必要があった」

「そして再構築した結果がこの、じつに驚くべき出来事の連鎖だったわけです」(ホームズ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
→オーディオブックならAmazonオーディブル
 
アマゾンリンク
回想のシャーロック・ホームズ

 

→シャーロック・ホームズの名言
→ジョン・H・ワトスンの名言
→ジェームズ・モリアーティ教授の名言
→アイリーン・アドラーの名言
→マイクロフト・ホームズの名言

→エルキュール・ポアロの名言
→アルセーヌ・ルパンの名言
→エラリー・クイーンの名言
→ドルリー・レーンの名言
→ファイロ・ヴァンスの名言
→オーギュスト・デュパンの名言
→加賀恭一郎の名言
→湯川学の名言

→緋色の研究
→四人の署名
→ボヘミアの醜聞、赤毛組合
→花婿の正体、ボスコム谷の惨劇
→五つのオレンジの種、くちびるのねじれた男
→青い柘榴石、まだらの紐、技師の親指
→独身の貴族、緑柱石の宝冠、橅の木屋敷の怪
→シルヴァーブレーズ号の失踪
→黄色い顔、株式仲買店員、グロリアスコット号の悲劇
→マズグレーヴ家の儀式書、ライゲートの大地主
→背の曲がった男、寄留患者、ギリシャ語通訳
→最期の事件
→バスカヴィル家の犬
→空屋の冒険、ノーウッドの建築業者
→踊る人形、ひとりきりの自転車乗り
→プライアリースクール、ブラックピーター
→恐喝王ミルヴァートン、六つのナポレオン像
→三人の学生、金縁の鼻眼鏡、スリークォーターの失踪
→アビー荘園、第二の血痕
→恐怖の谷
→ウィステリア荘、ボール箱
→ブルース=パーティントン設計書
→赤い輪、瀕死の探偵、レイディー・フランシス・カーファクスの失踪
→悪魔の足、シャーロックホームズ最後の挨拶
→高名の依頼人、白面の兵士、マザリンの宝石
→三破風館、サセックスの吸血鬼、ガリデブが三人
→ソア橋の怪事件、這う男、ライオンのたてがみ
→覆面の下宿人、ショスコムオールドプレース、隠退した絵の具屋

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_小説
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました