「マズグレーヴ家の儀式書・ライゲートの大地主(コナン・ドイル)」の名言・台詞まとめました

「回想のシャーロック・ホームズ(コナン・ドイル)」の短編「マズグレーヴ家の儀式書」「ライゲートの大地主」の名言・台詞をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→本の名言インデックス
→アマゾン「kindle unlimited」のメリットとは?

回想のシャーロック・ホームズ

マズグレーヴ家の儀式書

わが友シャーロック・ホームズの性格に関して、しばしば私を驚かせてきた奇異な点といえば、彼がおよそ頭脳のうえでは全人類ちゅう随一ともいうべき精緻で組織だった頭の持ち主であり、また服装のうえでも、いくぶん気どった、とりすました感じのものを好んで身につける趣味がありながら、日ごろの生活習慣のうえでは、ときに同居する下宿人を半狂乱すれすれにまでおとしいれかねないほど、とてつもなくだらしない男だということである。(ジョン・H・ワトスン)

 

「かりにぼくのささやかな業績の記録を集めるなら、およそ他に類例のないこの事件の記録を欠いては、所詮、不完全なものにしかならないと言っていい」(シャーロック・ホームズ)

 

「きみがはじめてぼくと知りあって、『緋色の研究』として記録に残してくれたあの事件のころでさえ、たいして儲かるというわけじゃないにしても、いちおうの地歩は確立して、得意先もかなりついていたんだ」

「だから、それ以前にぼくがどれだけ苦労したか、たぶんきみには想像もつくまいし、ようやくこれが仕事として軌道に乗り、前を向いて進めるようになるまでに、どれだけ長い辛抱を強いられたかも、きみに察してもらうのはむずかしいだろう」(ホームズ)

 

「すくなくともこれは、もうひとつの謎を提供してくれてるよ。しかもその謎は、はじめの謎よりもさらに興味ぶかい」

「いっぽうの謎が解ければ、それがそのままもういっぽうの謎の解答となる、そういうことも考えられるね」(ホームズ)

 

「こういう場合にぼくがいつもとる方法、きみなら知ってるだろう、ワトスン。自分をブラントンの立場に置いてみるのだ」

「まず手はじめに、対象とする人間の知力の程度を見きわめる。そのうえで、自分がおなじ状況に置かれたら、どんなふうに問題に取り組むだろうかを想像してみる」(ホームズ)

ライゲートの大地主

「いいか、きみ、きみはここへ静養にきてるんだ。いまは神経がぼろぼろになってるというのに、またまた新しい事件に首をつっこむなんてこと、後生だからやめてほしいね」(ワトスン)

 

「運命はきみに味方しないようだな、ワトスン」(ホームズ)

 

「この筆跡は、すばらしく興味をひくね。どうもこれは、思っていたのよりはずっと奥の深い事件のようだ」(ホームズ)

 

「いや、心配するには及びませんよ。ぼくなんか、しょっちゅうです──狂気とも見えるあの男のふるまいのなかに、れっきとした方式があると気づかされるのは」(ワトスン)

 

「事件はますますおもしろくなってきたよ。ねえワトスン、きみのすすめてくれた田舎の旅は大成功だったね。じつに気持ちのいい朝を過ごさせてもらっている」(ホームズ)

 

「探偵という技術においてなにより大事なのは、数多くの事実のなかで、どれが付随的なもので、どれが決定的なものであるかを見きわめることです」

「そうでないと、精力と注意力とが拡散するばかりで、ひとつに集中することがない」(ホームズ)

 

「さてワトスン、田舎で静かに静養するというわれわれの計画、大成功だったじゃないか。ぼくもあすにはだいぶ元気を回復して、ベイカー街にもどれると思うよ」(ホームズ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
→オーディオブックならAmazonオーディブル
 
アマゾンリンク
回想のシャーロック・ホームズ

 

→シャーロック・ホームズの名言
→ジョン・H・ワトスンの名言
→ジェームズ・モリアーティ教授の名言
→アイリーン・アドラーの名言
→マイクロフト・ホームズの名言

→エルキュール・ポアロの名言
→アルセーヌ・ルパンの名言
→エラリー・クイーンの名言
→ドルリー・レーンの名言
→ファイロ・ヴァンスの名言
→オーギュスト・デュパンの名言
→加賀恭一郎の名言
→湯川学の名言

→緋色の研究
→四人の署名
→ボヘミアの醜聞、赤毛組合
→花婿の正体、ボスコム谷の惨劇
→五つのオレンジの種、くちびるのねじれた男
→青い柘榴石、まだらの紐、技師の親指
→独身の貴族、緑柱石の宝冠、橅の木屋敷の怪
→シルヴァーブレーズ号の失踪
→黄色い顔、株式仲買店員、グロリアスコット号の悲劇
→背の曲がった男、寄留患者、ギリシャ語通訳
→海軍条約事件
→最期の事件
→バスカヴィル家の犬
→空屋の冒険、ノーウッドの建築業者
→踊る人形、ひとりきりの自転車乗り
→プライアリースクール、ブラックピーター
→恐喝王ミルヴァートン、六つのナポレオン像
→三人の学生、金縁の鼻眼鏡、スリークォーターの失踪
→アビー荘園、第二の血痕
→恐怖の谷
→ウィステリア荘、ボール箱
→ブルース=パーティントン設計書
→赤い輪、瀕死の探偵、レイディー・フランシス・カーファクスの失踪
→悪魔の足、シャーロックホームズ最後の挨拶
→高名の依頼人、白面の兵士、マザリンの宝石
→三破風館、サセックスの吸血鬼、ガリデブが三人
→ソア橋の怪事件、這う男、ライオンのたてがみ
→覆面の下宿人、ショスコムオールドプレース、隠退した絵の具屋

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_小説
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました