「シルヴァー・ブレーズ号の失踪(コナン・ドイル)」の名言・台詞まとめました

「回想のシャーロック・ホームズ(コナン・ドイル)」の短編「シルヴァー・ブレーズ号の失踪」の名言・台詞をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→本の名言インデックス
→アマゾン「kindle unlimited」のメリットとは?

回想のシャーロック・ホームズ

シルヴァー・ブレーズ号の失踪

私は驚かなかった。

いや、それどころか、目下イギリスじゅうがそのうわさで持ち切りになっているこのたびのなみなみならぬ事件、それにホームズがかかわってゆこうとしないのを、むしろ不思議にさえ思っていた矢先なのだ。(ジョン・H・ワトスン)

 

「おいおいワトスン、きみがきてくれれば百人力だということぐらい、いまさら言うまでもないだろう」(シャーロック・ホームズ)

 

「じつをいうとね、これは新たな証拠をつかむことよりも、むしろ、すでに知られている事実をいかに取捨し、選択してゆくか、その点にこそ推理という技術を生かすべきだという、そういう事件なんだ」(ホームズ)

「ぼくがへまをやったんだよ、ワトスン」

「恥ずかしながら、ぼくがへまをやるというのは、きみの発表する事件記録だけからぼくを知ってるみんなの考えてるよりも、ずっと頻繁に起きてることなのさ」(ホームズ)

 

語られた事柄の大部分は、私もすでに承知していることだったが、ホームズの話を聞くまでは、それらの事柄がたがいにどう関連していて、そのうちのどれが比較的重要であるのか、その点をじゅうぶんに認識してはいなかったのだ。(ワトスン)

 

「警察の見込みなんて、どうせわれわれの観点とはとんでもなくかけはなれたものに決まってるさ」(ホームズ)

 

「見えなかったのですよ、泥に埋もれていて。ぼくが見つけたのは、はじめからこれを探していたからです」(ホームズ)

 

「わかっただろう、想像力の値打ちってものが。気の毒だがグレゴリーのせんせいに欠けてるのは、その想像力なのさ」

「われわれはまずなにがあったかを想像し、その想定にもとづいて行動し、そしてそれが正しかったことを確認した」(ホームズ)

 

「ワトスン、大佐のぼくへの態度たるや、どう見てもあまり紳士的とは言いかねたよ。だから、ちょっぴりあの御仁をだしにして、楽しんでやるつもりなのさ」(ホームズ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
→オーディオブックならAmazonオーディブル
 
アマゾンリンク
回想のシャーロック・ホームズ

 

→シャーロック・ホームズの名言
→ジョン・H・ワトスンの名言
→ジェームズ・モリアーティ教授の名言
→アイリーン・アドラーの名言
→マイクロフト・ホームズの名言

→エルキュール・ポアロの名言
→アルセーヌ・ルパンの名言
→エラリー・クイーンの名言
→ドルリー・レーンの名言
→ファイロ・ヴァンスの名言
→オーギュスト・デュパンの名言
→加賀恭一郎の名言
→湯川学の名言

→緋色の研究
→四人の署名
→ボヘミアの醜聞、赤毛組合
→花婿の正体、ボスコム谷の惨劇
→五つのオレンジの種、くちびるのねじれた男
→青い柘榴石、まだらの紐、技師の親指
→独身の貴族、緑柱石の宝冠、橅の木屋敷の怪
→黄色い顔、株式仲買店員、グロリアスコット号の悲劇
→マズグレーヴ家の儀式書、ライゲートの大地主
→背の曲がった男、寄留患者、ギリシャ語通訳
→海軍条約事件
→最期の事件
→バスカヴィル家の犬
→空屋の冒険、ノーウッドの建築業者
→踊る人形、ひとりきりの自転車乗り
→プライアリースクール、ブラックピーター
→恐喝王ミルヴァートン、六つのナポレオン像
→三人の学生、金縁の鼻眼鏡、スリークォーターの失踪
→アビー荘園、第二の血痕
→恐怖の谷
→ウィステリア荘、ボール箱
→ブルース=パーティントン設計書
→赤い輪、瀕死の探偵、レイディー・フランシス・カーファクスの失踪
→悪魔の足、シャーロックホームズ最後の挨拶
→高名の依頼人、白面の兵士、マザリンの宝石
→三破風館、サセックスの吸血鬼、ガリデブが三人
→ソア橋の怪事件、這う男、ライオンのたてがみ
→覆面の下宿人、ショスコムオールドプレース、隠退した絵の具屋

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_小説
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました