「五つのオレンジの種・くちびるのねじれた男(コナン・ドイル)」の名言・台詞まとめました

「シャーロック・ホームズの冒険(コナン・ドイル)」の短編「五つのオレンジの種」「くちびるのねじれた男」の名言・台詞をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→本の名言インデックス
→アマゾン「kindle unlimited」のメリットとは?

シャーロック・ホームズの冒険

五つのオレンジの種

「ぼくの友達といえば、きみしかいないよ。べつに客を呼んだりすることもないしね」(シャーロック・ホームズ)

 

「ここへ持ちこまれる事件で、尋常な事件などありませんよ。いわばぼくは、究極の控訴裁判所といったところですから」(ホームズ)

 

「すぐに行動を起こすことです。さもないと身の破滅だ。きみ自身を救うには、ただ積極的な行動あるのみ。やけになっているときじゃありません」(ホームズ)

 

「まず真っ先に考えるべきは、あなたの身にひしひしと迫っている危険を取り除くこと。謎を解いたり、悪人どもを懲らしめたりするのは、二の次、三の次です」(ホームズ)

 

「今回の事件では、これまでの出来事の結果がどうなるか、それはまだつかめていない。それは推理によってのみ到達できるものだからね」

「五官に頼って解決をもとめる連中が、ことごとく行きづまったような難問でも、書斎にいるだけで解けることはあるんだ」(ホームズ)

 

「ぼくはプライドを傷つけられたよ、ワトスン。もちろん、けちな感情ではあるんだが、それでもプライドが傷ついたことはまちがいない」

「こうなれば、もはやぼく自身の問題だ。ほうっておくわけにはいかない。今後はこの命あるかぎり、いつかぜったいにこの悪党一味をこの手で捕えてみせる」(ホームズ)

 

「飢え死にしそうだよ。食べることなんか忘れてた。朝からなにも食べていない」(ホームズ)

くちびるのねじれた男

シャーロック・ホームズになにか頼まれて、むげに断わるということは不可能に近い。
いつの場合も、自信満々、断わられるとは夢にも思っていないかのように、厳然たる命令調で指図してくるからだ。(ジョン・H・ワトスン)

 

「信頼できる友は、いつだって役に立つものさ。まして、事件を記録してくれている友となれば、なおさらのことだ」(ホームズ)

 

「ねえ、ワトスン、きみは沈黙というすばらしい資質に恵まれているね。だからこそきみは、かけがえのない旅の道連れなんだ」

「実際、ぼくにとっては、話したいときに話し相手になってくれるだれかがいてくれる、これほどありがたいことはない」(ホームズ)

 

「じつはこの事件、うわべはばかばかしいほど単純に見えるが、そのくせ、どこから手をつけたらいいのか、さっぱりわからないときている」

「いってみれば、糸口は山ほどありそうなのに、どれもしっかりつかめない、といったところかな」(ホームズ)

 

「ぼくがいることで、奥さんにとっても、またここにいる友人にとっても、多少なりと助けになるのでしたら、それだけでじゅうぶん満足です」(ホームズ)

 

「これでもぼくはいろんな経験をしてきましたから、女性の直観のほうが、分析的推理による結論よりも値打ちがある場合もある、それを知らないわけではありません」(ホームズ)

 

「さあ行こう、出発だ。ぼくのその鍵がはたして鍵穴に合うかどうか、それを確かめるとしようじゃないか」(ホームズ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年10月25日現在)

スポンサーリンク
→オーディオブックならAmazonオーディブル
 
アマゾンリンク
シャーロック・ホームズの冒険

 

→シャーロック・ホームズの名言
→ジョン・H・ワトスンの名言
→ジェームズ・モリアーティ教授の名言
→アイリーン・アドラーの名言
→マイクロフト・ホームズの名言

→エルキュール・ポアロの名言
→アルセーヌ・ルパンの名言
→エラリー・クイーンの名言
→ドルリー・レーンの名言
→ファイロ・ヴァンスの名言
→オーギュスト・デュパンの名言
→加賀恭一郎の名言
→湯川学の名言

→緋色の研究
→四人の署名
→ボヘミアの醜聞、赤毛組合
→花婿の正体、ボスコム谷の惨劇
→青い柘榴石、まだらの紐、技師の親指
→独身の貴族、緑柱石の宝冠、橅の木屋敷の怪
→シルヴァーブレーズ号の失踪
→黄色い顔、株式仲買店員、グロリアスコット号の悲劇
→マズグレーヴ家の儀式書、ライゲートの大地主
→背の曲がった男、寄留患者、ギリシャ語通訳
→海軍条約事件
→最期の事件
→バスカヴィル家の犬
→空屋の冒険、ノーウッドの建築業者
→踊る人形、ひとりきりの自転車乗り
→プライアリースクール、ブラックピーター
→恐喝王ミルヴァートン、六つのナポレオン像
→三人の学生、金縁の鼻眼鏡、スリークォーターの失踪
→アビー荘園、第二の血痕
→恐怖の谷
→ウィステリア荘、ボール箱
→ブルース=パーティントン設計書
→赤い輪、瀕死の探偵、レイディー・フランシス・カーファクスの失踪
→悪魔の足、シャーロックホームズ最後の挨拶
→高名の依頼人、白面の兵士、マザリンの宝石
→三破風館、サセックスの吸血鬼、ガリデブが三人
→ソア橋の怪事件、這う男、ライオンのたてがみ
→覆面の下宿人、ショスコムオールドプレース、隠退した絵の具屋

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_小説
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました