「ボヘミアの醜聞・赤毛組合(コナン・ドイル)」の名言・台詞まとめました

「シャーロック・ホームズの冒険(コナン・ドイル)」の短編「ボヘミアの醜聞」「赤毛組合」の名言・台詞をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→本の名言インデックス
→アマゾン「kindle unlimited」のメリットとは?

シャーロック・ホームズの冒険

ボヘミアの醜聞

シャーロック・ホームズにとって、彼女(アイリーン・アドラー)はいつの場合も”あの女性”である。それ以外の呼びかたで、彼女のことを口にすることはめったにない。

彼の目から見た彼女は、女性という性全体を圧倒し、ほかの女性すべての影を薄くさせてしまっているのである。(ジョン・H・ワトスン)

 

「きみの説明を聞くと、いつもばかばかしいほど単純に思えて、自分でも簡単にやれそうな気がするんだが、そのくせ、君の推考の一段階ごとにひっかかって、きみの口から論証の過程をひとつひとつ説明してもらうまでは、まるきり五里霧中だ」(ワトスン)

 

「そりゃそうだろうさ。きみはたしかに見てはいる。だが観察はしない。見るのと観察するのとでは、大ちがいなんだ」(シャーロック・ホームズ)

 

「まだデータがそろっていない。判断の根拠となるデータもなしに、やみくもに理論を立てるのは、愚の骨頂だよ」

「それをやると、事実にそって理論を立てるのではなく、つい事実のほうを理論に合わせてねじまげるようになる」(ホームズ)

「このときちらっと目にはいっただけだが、たしかにきれいな女(アイリーン・アドラー)だったよ。あれならば男が焦がれ死にしても無理はない、そんな美貌だった」(ホームズ)

 

「その連中は探しかたを知らなかったのさ」
「探しはしない」「ご本人が教えてくれるさ」(ホームズ)

 

「おやすみなさい、シャーロック・ホームズさん」(変装したアイリーン・アドラー)

 

写真があるかぎり、それがこちらの身を護る武器になってくれます。かわりに写真を一枚置いてゆきますので、王様がお望みなら、さしあげてくださいませ。

それでは、シャーロック・ホームズ様、ご機嫌よう。心よりあなた様を尊敬する、アイリーン・ノートン(旧姓アドラー)より(アイリーン・アドラーの手紙より)

 

「いや、これよりもぼくにとって、もっと価値のあるものを陛下はお持ちです」
「この写真です」(ホームズ)

 

赤毛組合

「物事に一風変わった効果とか、異常な組み合わせなどをもとめるならば、実生活そのものにこそ、もとめるべきである」
「それはいつの場合も、どんな想像力の働きよりも奔放なんだから」(ホームズ)

 

「世のなかでなにより不思議な、なにより異常な出来事というのは、往々にして、大がかりな犯罪というより、むしろ小さな、しかも場合によっては、はたしてほんとうに犯罪が行われたのかどうかも疑わしい、そんな犯罪に結びついていることが多い」(ホームズ)

 

「近ごろぼくは、なまじ説明なんかするのはまちがってるって、そうさとりだしたところなんだ。諺にも言うじゃないか──”なべて未知なるものこそ偉大なれ”って」

「なのにぼくはばか正直が過ぎて、おかげでせっかくのささやかな評判も、いずれうたかたの露と消えることになるだろう」(ホームズ)

「見かけが奇っ怪な事件に見えれば見えるほど、本質的には単純なものなんだ。ほんとうに不可解な謎は、ありふれた、なんの特徴もない事件のなかにこそあるんだよ」(ホームズ)

 

「いいかいドクター、いまは観察すべきときであって、しゃべってるときじゃないんだ。いまのわれわれは、敵地に乗りこんだスパイなんだからね」(ホームズ)

 

「ここの建物の配置だが、これをよく覚えておこう。ロンドンという街について、正確な知識を持っておくというのが、ぼくの趣味のひとつなのさ」(ホームズ)

 

すぐれた推理能力は、ほとんど神業の域にまで達することになるのだが、あいにく、そうした彼のやりかたに慣れていないものたちには、そのへんの機微がわからず、あげく、彼の知識は常人のそれではないとして、不信の目を向けたりする結果になる。(ワトスン)

 

私とて、けっして自分が他人より鈍いとは思っていないが、シャーロック・ホームズを相手にしていると、たえず自分の愚鈍さを痛感させられて、打ちひしがれることになる。(ワトスン)

 

「ならば、退路はすべて断ったわけだ。あとは、音をたてずに静かに待つだけだな」(ホームズ)

 

「いやあ、じつに鮮やかな推理だ。長く連なった推理の連鎖、だがそれでいて、連鎖のひとつひとつが、真実の響きを伝えてくる」(ワトスン)

 

「まあ退屈しのぎにはなったがね。おやおや、その退屈が早くもぶりかえしてきたぞ!」

「思うにぼくの一生というものは、平々凡々たる生きかたからのがれようとする闘いの、そのはてしなき連続じゃないのかな」

「その闘いでぼくを助けてくれるのが、こうしたささやかな事件なのさ」(ホームズ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年10月25日現在)

スポンサーリンク
→オーディオブックならAmazonオーディブル
 
アマゾンリンク
シャーロック・ホームズの冒険

 

→シャーロック・ホームズの名言
→ジョン・H・ワトスンの名言
→ジェームズ・モリアーティ教授の名言
→アイリーン・アドラーの名言
→マイクロフト・ホームズの名言

→エルキュール・ポアロの名言
→アルセーヌ・ルパンの名言
→エラリー・クイーンの名言
→ドルリー・レーンの名言
→ファイロ・ヴァンスの名言
→オーギュスト・デュパンの名言
→加賀恭一郎の名言
→湯川学の名言

→緋色の研究
→四人の署名
→花婿の正体、ボスコム谷の惨劇
→五つのオレンジの種、くちびるのねじれた男
→青い柘榴石、まだらの紐、技師の親指
→独身の貴族、緑柱石の宝冠、橅の木屋敷の怪
→シルヴァーブレーズ号の失踪
→黄色い顔、株式仲買店員、グロリアスコット号の悲劇
→マズグレーヴ家の儀式書、ライゲートの大地主
→背の曲がった男、寄留患者、ギリシャ語通訳
→海軍条約事件
→最期の事件
→バスカヴィル家の犬
→空屋の冒険、ノーウッドの建築業者
→踊る人形、ひとりきりの自転車乗り
→プライアリースクール、ブラックピーター
→恐喝王ミルヴァートン、六つのナポレオン像
→三人の学生、金縁の鼻眼鏡、スリークォーターの失踪
→アビー荘園、第二の血痕
→恐怖の谷
→ウィステリア荘、ボール箱
→ブルース=パーティントン設計書
→赤い輪、瀕死の探偵、レイディー・フランシス・カーファクスの失踪
→悪魔の足、シャーロックホームズ最後の挨拶
→高名の依頼人、白面の兵士、マザリンの宝石
→三破風館、サセックスの吸血鬼、ガリデブが三人
→ソア橋の怪事件、這う男、ライオンのたてがみ
→覆面の下宿人、ショスコムオールドプレース、隠退した絵の具屋

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_小説
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました