「最後の医者は雨上がりの空に君を願う(二宮敦人)」の名言まとめました

「最後の医者は雨上がりの空に君を願う(二宮敦人)」の名言をまとめていきます。

最後の医者は雨上がりの空に君を願う

子供じみた嫌がらせには屈しない。尻尾を巻いて逃げたあいつとは違うんだ。そうだ、反省するとしたら己の弱さだけだ。(福原雅和)

 

「誰かが必要とするならば、僕たちは存在し続ける」

「設備があるから必要とされるわけではなく、必要とされるから設備が整う。僕はそういう土台のもとで、医者をやりたい」(桐子修司)

 

第一章

「噂が独り歩きしたデマはもちろん、医学の進歩で古くなった情報も多いんです。中途半端な知識が一番怖いですよ」(福原)

 

闘うつもりの患者は、強い。絶望の淵を見てなお、闘わんとする者は特にそうだ。そういう人と共に闘えることは幸せだ。

 

「病気が治らないのは、多くの場合『手遅れ』だからなんですよ」
「そういう意味では、病院に行くのが一番最初の闘い、と言えるでしょう」(福原)

 

「怖がらせることで彼が不幸になるとしたら、つまり彼のQQL(人生の質)が損なわれるとしたら、伝えるべきじゃない」

「彼がそういう死を望むならね」(桐子)

 

「結局、どうあがこうが、俺が奴の子供である事実は変えられないのさ」(福原)

 

「生きることは本来戦いだ。戦う意思も持たず、ただ与えられる生を漫然と、あるいは逃げながら過ごすような奴に、生きる価値はない」(福原)

 

「そういう奴に、生は味わえないんだ。勝利はもちろん、敗北すら得る権利がない。そいつは生きてなどいない。死んでないだけだ」(福原)

 

「僕から言わせれば、死を前にしてもやりたいことが思いつかない、それはつまり、やりたいことなんて最初から何もないんですよ」(桐子)

 

「結局、信じることしかできないよ。人間は、その意思に任せれば良い方に進んでいくと。どんなにゆっくりでも、どんな失敗しても、どんなに醜くても。最終的には良い方へとね」(桐子)

第二章

「諦めてもいいんだよ」(福原絵梨)

 

「でもさ、仕方ないんだよね」
「治らない以上、諦める以外に救いはどこにもないんだ」(絵梨)

 

「生きる、死ぬって、自分の理屈では測れないところにあるものじゃないかな……」(絵梨)

 

「あなたの中に希望がないなら、そばにいる誰かの中に、希望はこっそり隠れてる」(絵梨)

 

第三章

「医者は患者と分かたれるべきじゃなかった。共に生きること、それが医の本質であるべきだよ。他人と共に生きる。病気と共に生きる。どこにも切り分けられる線なんか、ない」(桐子)

 

「結局、病気の前で人間はみな対等なんだよ」
「医者だろうと何だろうと、人は死ぬ」(桐子)

 

「困難なだけだ。彼の真意を探り出せる可能性はある」(桐子)

 

「救える人を救うために、全力を尽くすさ」(桐子)

 

「彼をどう扱うも、君の望みを最優先にするべきだと思う。死と生をどう扱うか、それは患者の希望が全てだからね」(桐子)

 

「全ての人は救われるために生まれてくる。そして、全ての人は救うために生まれてくる」(桐子)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」「Audible」対象作品(2020年8月8日現在)

アマゾンリンク
最後の医者は雨上がりの空に君を願う(上)

 

→最後の医者は桜を見上げて君を想う
→半沢直樹の名言(池井戸潤)
→下町ロケット(池井戸潤)
→重力ピエロ(伊坂幸太郎)
→アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)
→死神の精度(伊坂幸太郎)
→いま、会いにゆきます(市川拓司)
→ツバキ文具店(小川糸)
→コーヒーが冷めないうちに(川口俊和)
→億男(川村元気)
→昨夜のカレー、明日のパン(木皿泉)
→ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海)
→賢者の書(喜多川泰)
→手紙屋(喜多川泰)
→運転者(喜多川泰)
→スマホを落としただけなのに(志駕晃)
→ファーストラヴ(島本理生)
→かがみの孤城(辻村深月)
→朝が来る(辻村深月)
→R帝国(中村文則)
→神様のカルテ(夏川草介)
→ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)
→ぼくはイエローでホワイトで、ちょっと
→火花(又吉直樹)
→劇場(又吉直樹)
→告白(湊かなえ)
→羊と鋼の森(宮下奈都)
→コンビニ人間(村田沙耶香)
→キッチン(吉本ばなな)
→東京タワー(リリー・フランキー)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小説
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました